原発事故の避難計画  ~ 平戸日誌 ~

真島省三議員

真島省三衆院議員(共産・九州ブロック)が平戸市に来ました。
市役所で原発事故の際の避難計画について、調査するためです。

真島さんは、玄海原発30キロ圏をもつ自治体をまわり、避難計画などについて調査を行っています。
平戸市が最後、ということでした。

平戸市役所で担当者から、要支援者や島部住民の避難などについて説明を受けました。
苦労している点、国への要望なども聞きました。

国が避難計画作成を自治体に丸投げしている中、平戸市も多くの困難を抱えていること、
実際に事故になったときは、大混乱に陥るだろうことが、ますますはっきりしました。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
最西端の駅がある長崎県平戸市。
2009年10月に行われた市会議員選挙で私が当選。25年ぶりの日本共産党の議席。13年、2期目の当選。市民の声をまっすぐに議会に届けるためにがんばります。

1957年 五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索