FC2ブログ

道そうじ  ~ 平戸日誌 ~

2019 9月花

上大垣地区の道そうじがありました。
先週日曜日の予定でしたが、台風のため今日に延期されていました。

終了すると、また雨が降り出しました。
2日、水曜日には、また九州北部を台風が直撃しそうです。
被害が心配です。

立憲副代表の平戸市議  ~ 平戸日誌 ~


スイートアリッサム
知り合いから声をかけられました。
「敬老祝い金の削減、ひどいね。○○市議も賛成したのか」と。

○○市議は立憲民主党長崎県の副代表です。
2年前の平戸市議選で初当選。
ただちに、自民党のみなさんがつくった会派に所属し、行動をともにしています。

市長・副市長・市議の給与やボーナスの引き上げ、国保税の値上げ、レストハウスなどなど、すべて賛成してきました。
「残念ながら」というより、「当然ながら」と言うべきでしょうか、敬老祝い金の削減にも賛成しました。

敬老祝い金の削減  ~ 平戸日誌 ~

レストハウス

平戸、海のものがたり

「敬老の日」の少し前、9月13日。
平戸市議会の最終日でした。
「敬老祝い金」を、来年度から削減する議案が可決されました。

現在は、77歳で8,000円、88歳で1万円の支給です。
それを、80歳で1万円支給に変更します。

経過措置(激変緩和措置)の後、2023年度から80歳・1万円だけになります。

変更の理由は「経費の削減」です。
年間、300万円あまりの削減になるそうです。

レストハウス、平戸城のイベント、今度は城泊。
多額の税金をつぎ込みます。
削減すべきは、こちらです。

残念ながら、反対したのは、私だけでした。

敬老会  ~ 平戸日誌 ~

2019 敬老会

きのうは、上大垣地区の敬老会が行われました。
今年も、子どもたちの歌声がひびきました。

1945年の終戦前後に生まれて、たいへんな時代を生きてきたみなさんです。
それぞれの頑張りがあってこそ、今の時代があります。
敬意と感謝を申し上げたい、と思います。

安倍首相は、何が何でも「改憲」です。
9条を守り、平和な日本を守らなければなりません。

これも暴走だ!黒田市長  ~ 平戸日誌 ~

平戸城

一般質問では、平戸城の指定管理も質しました。
改修工事による休館のため、来年度は指定管理者を置かない、とのこと。
指定管理者になっているのは、平戸市振興公社です。

公社は市が出資して、1994年に設立しました。
平戸城や文化センターなどの、管理運営をまかせるために設立しました。
ですから、平戸城も、25年間、ずっと公社が管理運営してきました。
公社の理事長は、副市長。
公社は、もうけるための組織ではないので、ぎりぎりの経営で、内部留保(貯金)などはありません。

平戸城で働く公社の職員は正規5人、パート1人。
6人の給与は、年3000万円の入館料でまかなっています。
来年度、6人の給与の原資3000万円が0円になります。
公社には、3000万円をつくりだす力はありません。
改修工事は市が行うことで、公社が行うのではありません。

「市は支援すべきだ」と質したのに対して、黒田市長は「公社が考えること。支援はしない」と答弁。
あまりにも冷たい、無責任な答弁です。
撤回して、支援すべきです。

またも黒田市政の暴走  ~ 平戸日誌 ~

平戸、海のものがたり
レストハウス

どちらも大赤字になって、税金で穴埋めしたレストハウス、平戸城イベントに続いて、今度は城泊です。
平戸城の中の懐柔櫓を改修して、宿泊施設にする計画です。

一般質問で質しました。

櫓には5人まで宿泊できるようにする。1人でも、5人でも、15万円。
対象は、欧米の富裕層。
改修費は1億4000万円で、市が7000万円、国の補助が7000万円。
管理運営は、JALなど3社のグループ。
3社グループへの賃貸料は、年350万円。
1億4000万円の回収に、40年かかります。
管理運営の費用も、市が負担します。

市民と国民の税金で、欧米の富裕層のための宿泊施設をつくり、管理運営費も市が出し、3社グループに儲けてもらおう、という計画です。
儲からなければ、3社は撤退し、あとに残った負の遺産は、市が税金で管理運営することになります。

税金は、市民の暮らしのために使うべきです。
城泊に反対です。

市民体育祭  ~ 平戸日誌 ~

2019 市民体育祭

平戸市民体育祭の開会式が行われました。
これから、およそ2か月間、各種競技が行われます。
選手のみなさん、がんばってください。

平戸は、相変わらず、雨が続いています。
一日も早く、「スポーツの秋」にふさわしく、晴れわたってほしいですね。
プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
おいでください、「世界遺産」の町・平戸市へ
2009年10月に行われた市会議員選挙で当選。25年ぶりの日本共産党の議席。17年、3期目の当選。
市民の声を、まっすぐに市議会に届けるためにがんばります。

1957年 長崎県五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索