工事中止命令  ~ 平戸日誌 ~

IMG_1518.jpg

市から連絡。

「森林開発は『隣地開発』に指定する。排水などの対策を行わせ、合格したら開発OKにする。
それまでは工事中止。中止命令は数日後、県が出す」と。

「業者の住民説明会は10月前半」「県・市は出席しない」とも。
県・市は無責任では?

今日も、整地がすすめられています。
防災対策を行う前に、災害が発生したら、誰が責任をとるのでしょうか?

月見会  ~ 平戸日誌 ~

image.jpg

昨夜は上大垣青壮年会の月見会でした。

楽しい宴でした。

ありがとうございました。

戦没者追悼式  ~ 平戸日誌 ~

IMG_1440_20140831104305718.jpg

昨日は、平戸市戦没者追悼式でした。
私は欠席しました。

「英霊」など、国家神道の言葉を用いるのは「政教一致」と考えたからです。

明治以後の「政教一致」が、戦争などに国民を導きました。
それを反省して、日本国憲法は「政教分離」が原則です。

私の祖父も戦死しました。
私は、自宅で仏壇に手を合わせました。

急げ!  ~ 平戸日誌 ~

IMG_1514.jpg

上大垣地区の森林開発。
写真はAさん宅、細い道路を隔てた山は、伐採でハゲ山です。

私は、こうしたところを1軒1軒訪ねてみました。
十数軒ですが、みなさん「不安だ」と。
そして、「市や県が訪ねてきた」というところは1軒もありませんでした。

急げ!

森林伐採 市・県の対応  ~ 平戸日誌 ~

IMG_1499.jpg

台風が接近しています。上大垣地区の森林伐採で、土石流などの災害が発生しないことを祈ります。

この森林伐採では平戸市と長崎県の対応に問題があったのではないでしょうか。

森林法では、1万平方メートル以上の開発のときは、県の「許可」が必要です。排水などの対策が求められ、クリアしなければ、「許可」が出ません。

1万平方メートル未満のときは市への「届け出」だけで、開発OKです。

今回の開発面積は2万6千平方メートル。「許可」が必要なはずです。
しかし、3業者がそれぞれ1万平方メートル未満の開発を行うとして、「届け出」だけですんでいます。

「届け出」は7月25日、8月1日、8月12日。

ここでの市の対応に問題がある、と思います。

隣地開発、隣り合っている開発は一体のものと見なして、合計が1万平方メートル以上のときは、「届け出」ではなく「許可」を求めることができるそうです。

2万6千平方メートル。その隣りにも、伐採済みの6千平方メートルがあり、合計3万2千平方メートル。

市は、「隣地開発であり、『許可』が必要」とすべきだったのではないでしょうか。

市から県への報告は、すべて8月中に行われています。

県も、市から報告があった時点で何らかの対応をすべきだったのではないでしょうか。

県は、伐採が一気に進んでから3業者の話を聞いたそうです。しかし、「行う」としている現地視察の日程は未定です。

県・市は、迅速に対応すべきです。

私は2つのことが必要ではないか、と考えています。
① 災害が起こらないよう、緊急の対策を行う
② 隣地開発(一体の開発)と認定して、「許可」を求めさせ、森林法に則った対策を行わせる

森林伐採  ~ 平戸日誌 ~

IMG_1499.jpg
IMG_1495.jpg

今朝も上大垣の森林伐採は継続中。

市に対策を問うと「県農林部が視察に来るが、日程は未定。対策はその後」と。

昨夜も「今、大雨なら土砂災害だ」「市は何をしている?」という怒りの声が寄せられました。

対策を求めると同時に、市議会でも質問します。

体育大会  ~ 平戸日誌 ~

IMG_1486.jpg
IMG_1490.jpg

平戸中学校の体育大会。

生徒たちの元気な姿を見ていると、こちらも元気になります。

「パワーリフティング」、なに?と思っていたら、砂袋のようなものを持ち上げて、時間を競いました。
1位の生徒は6分。

楽しい時間をありがとうございました。

平戸市立病院『院内研究会』

IMG_1477.jpg
IMG_1481.jpg

平戸市立病院(市民病院、生月病院)『院内研究会』がありました。

医師、看護師など参加は150人くらい。

看護師、作業療法士などの発表があり、意見交換も活発でした。

患者のために努力されている皆さんに頭が下がります。

安倍内閣が医療壊しで努力を台無しにすることは許されません。

山﨑かずひろの市議会だより  ~ 平戸日誌 ~

IMG_1460.jpg
IMG_1461.jpg

定例議会(年4回)後に発行し、七千枚を配布している「山﨑かずひろの市議会だより」。

6月議会と嬉野市議会視察(7月末)の報告として発行し、配布中です。

リンクの「日本共産党長崎北部地区委員会」で過去の発行分も見ることができます。

ご覧いただければ、幸いです。

チェックできますか?  ~ 平戸日誌 ~

8202a041000000000.jpg

定例議会後の市議と市長・職員による懇親会(飲み会)は年2回。

ほかに決算委員会終了後にも行われます。
今回の決算委員会後の懇親会は市議(決算委員)と市長・職員で総勢70人。
ホテルで。

議会は市政をチェックする場。
私は今回も不参加。

太陽光発電  ~ 平戸日誌 ~

IMG_1474.jpg

地元・上大垣地区の一角に大型重機が入り、太陽光発電のためと、大規模に木を伐採。

「土石流が心配」「説明会もなかった」などの声が寄せられましたので、市に対策を申し入れました。

市建設部は「長崎県と相談して、対策をすすめたい」と答えました。

決算委員会  ~ 平戸日誌 ~

夏山7

「議会、終わったんでしょ」いつも元気な、近所の女性に言われました。

「先週金曜日に9月の定例会は終了。明日から決算委員会です」と答えました。

すぐさま、「私たち市民の声をしっかり届けてよ」と。

はい、がんばります!!!

ポスター  ~ 平戸日誌 ~

2014091514390000.jpg
2014091516490001.jpg

ここ3,4日は、ポスターの貼り換えに時間をとられています。

明日で終わりそうです。

日中は蒸し暑いですが、夕方は秋の気配を感じます。

敬老会  ~ 平戸日誌 ~

2014091411390001.jpg

上大垣地区の敬老会。

70歳以上の人が対象で、およそ130人とのこと。
参加されたのは30人くらいでした。

平戸小の子どもたちの歌や日本舞踊、フラダンスなどがあり、楽しい一日となりました。

健康で長生きしていただきたいものです。

ゼロ宣言  ~ 平戸日誌 ~

canstock3600276.jpg
canstock6277839.jpg

平戸市議会が「CO2排出ゼロ宣言」を可決。

「温暖化ストップ」「原発は再稼働せず廃炉へ」「自然エネルギー大普及」の私も賛成。

市は「玄海原発再稼働の判断は国と九電に任せる」立場。
「再稼働反対」に変われば、「宣言」はさらに輝くでしょう。

新基地はいらない  ~ 平戸日誌 ~

images_20140911120221184.jpg
K10044886211_1409101222_1409101247_01.jpg

翁長那覇市長(自民党沖縄県連の元幹事長)が知事選立候補を正式表明。

「新基地」容認の自民県連を批判して、除名された那覇市議11名や共産党などの県政野党、
経済界有志、労組、女性団体などが出馬を要請していました。

応援に行くつもりです。

米軍基地はいらない  ~ 平戸日誌 ~

IMG_1469.jpg

沖縄の選挙、共産党が大躍進!

政府が基地建設を狙う名護市、共産党新人トップ当選。

共産党は改選18から21へ。

民主はゼロ。
「基地は県外」の公約を、政権について半年で投げ捨てたのが鳩山民主党。
沖縄の人たちは忘れないのでしょう。

夢のよう  ~ 平戸日誌 ~

IMG_1467.jpg

朝の宣伝から帰ると、錦織選手の試合は終わっていました。
残念な結果です。

でも、偉業なんですね。
きのうの「しんぶん赤旗」の一面、神和住純さんが「夢のよう」と言っていました。

水際作戦  ~ 平戸日誌 ~

夏山7

生活保護の一般質問。

市から06年度~昨年度の資料が届き、よく見ると、申請件数は4割以上の減。
全国も長崎県も大きく伸びているのに。

福祉部長に「どう考えるか?」と質問したら、黒田市長が立ち「水際作戦は行っていない」と強調しました。

がんばれ!  ~ 平戸日誌 ~

2014090708350001.jpg

市民体育大会の開会式、頑張ってください。
スポーツもダメな私には、スポーツできる人がうらやましい。  

大急ぎで帰って自治会の道掃除。
なんとか、間に合いました。 

終了後、ネットを見ると、錦織選手が勝利。  
すごい。驚きです。がんばれ、錦織!

沖縄  ~ 平戸日誌 ~

2014090401_01_1.jpg
2014090401_01_1b.jpg

あすは沖縄いっせい地方選の投票日。

辺野古のある名護市では名護市長と那覇市長が新基地反対候補(共産含む)の応援。

仏桑華(ぶっそうげ)
そこには咲くな そこは基地
汝(な)が紅(くれない)は沖縄のもの  

山原健次郎元衆院議員(共産)の句

鄭成功像  ~ 平戸日誌 ~

2014090515330001.jpg

きのうのことですが、川内町の千里が浜で鄭成功像の除幕式がありました。

「鄭成功」で分からない人がいるかもしれません。

近松門左衛門の人形浄瑠璃「国姓爺合戦」の主人公です。

よけいに、分かりませんか? 川内町の生まれです。

がんばれ、ケイ!  ~ 平戸日誌 ~

20140904-00010013-tennisd-000-view.jpg

やったね、ケイ!
いい顔してるね。
次はナンバーワンのジョコビッチ、がんばれ!

障害をもつ皆さんの雇用  ~ 平戸日誌 ~

夏山6

今日は一般質問。
障害をもつ皆さんの雇用については、寄せられた2件の声に基づいて質問しました。

声を寄せてくださったのは、田平町障害者福祉協会のみなさんと平戸図書館の利用者です。
「障害者の雇用の場を増やしてほしい」
「来夏オープンへ建設中の情報センター(平戸図書館、北部公民館の併設)。受付や清掃で障害を持つ人の働く場を作れないか」

協会のみなさんから、お聞きした佐世保市や松浦市の事例を紹介しながら質問しました。
「検討していく」という答弁でした。

うれしいことに、情報センターでの障害をもつ皆さんの雇用については、「障害者就労支援施設と協議しながら実現に向けて取り組む」という答弁でした。

今の平戸図書館はエレベーターのないビルの3階にあります。
事実上、障害をもつ皆さんは利用することができません。
建設中の情報センターは、もちろんバリアフリー。

障害をもつ皆さんが利用するだけでなく、働くことで情報センターを支える、そういうことになれば、と思います。

なお、私の質問中に黒田市長から「山﨑議員は情報センターの議案に全て反対してきた。そういう立場の人が、そういう質問をするのはどういうことか」という言葉がありました。

私は下記のように、ただちに反論しました。

私の立場は何度も市議会で表明しています。
情報センターの建設に反対したことは、1度もありません。

建設については、「反対」の市民も多い中、「反対」も含め、市民の声を十分に聞き、そのうえで進めるべきだ、という立場でした。

形ばかりの住民説明会を開いて、「市民の声は聞きました」と、どんどん進めることに反対、ということで議案に反対しました。

すでに、来夏オープンに向けて建設中ですから、今後は「運営に市民の声、利用者の声を生かしていくべきだ」という立場で議論に参加することは当然のことです。

全力投球  ~ 平戸日誌 ~

夏山5

9月市議会スタート。

今は3日の一般質問に全力投球。
障害者雇用、就学援助など、少しでも市民のみなさんの願いが市政に届けば、と思います。

ある議員から「一般質問、〇〇を提案をしたい」とお聞きしました。
力を合わせて実現したい内容でした。

政教一致  ~ 平戸日誌 ~

IMG_1462.jpg

平戸市戦没者慰霊奉賛会、会長は黒田市長。
案内のはがきを見てもわかりますが、事務局は市の福祉課が務めています。

事実上、戦没者追悼式は市の行事です。

市が式典を神道の用語などで行うことは、やはり政教一致ではないか、と思います。
プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
最西端の駅がある長崎県平戸市。
2009年10月に行われた市会議員選挙で私が当選。25年ぶりの日本共産党の議席。13年、2期目の当選。市民の声をまっすぐに議会に届けるためにがんばります。

1957年 五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索