王女メディア  ~ 平戸日誌 ~

市民劇場2

佐世保市民劇場の6月例会がありました。

平幹二郎主演の「王女メディア」でした。
ギリシャ悲劇を観たのは、はじめてでした。

私には重すぎました。

前回は音楽座のミュージカル。
私には、こちらのほうが良かったです。
写真は終演後のあいさつ。

防災訓練  ~ 平戸日誌 ~

防災訓練

昨日、大島村で平戸市総合防災訓練が行われました。
大雨などの災害に加え、玄海原発で事故が発生したという想定での訓練でした。
住民のみなさん、関係のみなさん、お疲れ様でした。

6月議会では九州電力との協定についても取り上げました。
立地自治体と同じ「事前了解」を求めるべきだ、と質問しました。

佐賀県や玄海町の「事前了解」が必要な場合の一つに、「新燃料、使用済み燃料及び放射性廃棄物の輸送計画を策定するとき」があります。

例えば、平戸市の道路や港を使って輸送しようとするときに佐賀県・玄海町の事前了解が必要だが、平戸市には説明だけでいい、ということになります。

黒田市長は
壇上からの質問には「現実性がない」と答弁。
再質問には「あまりいろいろ思いつきを並べて非現実的なものを俎上に上げられてもいかがなものか」
と答弁しました。

松浦市の市長は真剣です。協定締結後も「事前了解」を求めています。
黒田市長も見習うべきではないでしょうか。

マスコミ  ~ 平戸日誌 ~

しんぶん

今日の写真も「しんぶん赤旗」(23日付)からです。

16日に野田首相が大飯原発の再稼動を決めましたが、その前日の夕方、首相官邸前に集まった人たちは、1万1千人。

ところが、新聞全国紙は「朝日」が小さな1段の記事で、他紙は全く伝えなかったそうです。

テレビは全局が伝えなかったとのこと。

参加者からは「マスコミはおかしい」「なぜ、再稼動反対の行動を伝えないのか」という声があがっています。

22日、4万5千人の行動は報道されたのでしょうか。

驚き、そして励まされ  ~ 平戸日誌 ~

一面

写真は今日の「しんぶん赤旗」の一面トップです。

昨日の夕方、大飯原発再稼動に反対する人たちが首相官邸前に集まったそうです。

首都圏反原発連合の有志がインターネットで呼びかけ、それを見た人たちが自主的に集まったとのこと。

労働組合などの集会でも、4万5千人というのは近年聞いたことがありません。

3.11以後、政府は変わらなくても、国民のほうは大きな変化をとげている、という気がして、励まされました。

6月市議会で、原発再稼動や九電との安全協定について質問したのは私だけでした。
議会の中にいると孤立しているように感じることが多いのですが、違うんですね。

「よろしく・・・」  ~ 平戸日誌 ~

少し前

朝宣伝のとき、知り合いが教えてくれました。

「店のお客さんが『来年の市会議員選挙に出るから、よろしくお願いします』と挨拶しましたよ。ふたりも」と。

ふたりとも新人で、50歳前後とのこと。

市議選は来年10月。
定数が現在の23人から20人に減る、たいへん厳しい選挙です。
負けられません。

第2の「財政危機」  ~ 平戸日誌 ~

財政文書

写真の文書は昨年11月に市が出したものです。
今回の一般質問でも取り上げました。

2010年度の決算(黒田市長の初めての予算に対する決算)について分析しています。
資料も含めて20ページあります。

文書に書かれているまま、3点ご紹介します。
① 人口規模にあった歳出規模が求められる
② 投資的経費(道路や施設の建設費)の抑制も必要
③ 第2の「財政危機」に陥る可能性が高い

文書には書かれていませんが、
2011年度、2012年度当初予算では、歳出規模も投資的経費も、さらに大きくなっています。

白浜市長時代の投資的経費は30億円台でしたが、黒田市長になり40億円台となり、今年度は50億円をこえています。

黒田市長、税金の使い方を見直すべきでは?

窓さんへ  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0783_convert_20090305203956.jpg

コメント、ありがとうございました。
3年前のブログへのコメントで驚きました。
「本当?信じられない」ということでしたが、うそではありません。

共産党の地方議員は現在2760人。
全ての議員が生活相談に取り組んでいます。
大都会の市議の中には専門のスタッフと事務所をかまえて、年間1000件近い相談を受けている人もいます。

私は議員になって、2年半ですが、その間に170件の相談を受けました。
同じ人が4度、5度という場合もあります。

以下はコメントがあったブログの全文です。

生活相談が相次ぎました。
3件連続です。

「生活が苦しいので、支援の制度はないですか」という田平町のシングルマザー。
住宅ローンが返せなくなったという人から、再度の相談。
住民登録が抹消されていたという人から、「いっしょに市役所に行ってほしい」という相談。

対応に追われました。

佐世保の生活と健康を守る会にお世話になりました。
さすがは、困っている人のために、がんばっている専門家のみなさん、助かりました。

生活保護の分厚い解説書も手に入りそうです。

【写真】 コメントをいただいたブログの写真

障がい者用駐車場  ~ 平戸日誌 ~

駐車

一般質問の成果というのはオランダ商館の障がい者用駐車場のことです。

大久保町の人から
「通勤のとき通るが、道路にはみ出して駐車してあり、危険。カーブに駐車場があることがおかしい。移動できないか」
という声が寄せられていました。

「文化財の敷地なので規制がきびしく、今の位置から移動はできない。カーブミラーや看板などで対応したい」という答弁だった、と思います。

情報センター、原発再稼動、九電との協定などは市長との議論でした。

私の錯覚かもしれませんが、市長は、いら立つというか、興奮しているというか、普通ではなかったように思えます。

そのせいで、信じられない答弁の連発になった、と思います。
私が間違っているかもしれません。

いずれにせよ、議事録が出てから正確にご紹介したい、と思います。

失敗、しかし成果も  ~ 平戸日誌 ~

クロ

今日の一般質問、失敗がありました。

質問の柱を「税金の使い方」にしました。
「税金の使い方」は通告してあったのですが、内容を変えました。

財政課とは、打ち合わせしてあったので認められる、と思っていました。
しかし、本会議場の壇上からの質問は認められたのですが、自席からの再質問は認められませんでした。

次回から気をつけたい、と思います。

その他の質問では、成果もありました。内容については、また、後日。

【写真】犬の散歩の途中、いただきました。
    ありがとうございます。

囲碁 NHK杯  ~ 平戸日誌 ~

NHK.jpg

明日が一般質問です。

いつも、ぎりぎりになって、慌てて準備、という感じです。

昼ごはんを食べながら、囲碁を見て、さて準備再開です。

市議会はじまる  ~ 平戸日誌 ~

すし

今日から市議会です。
補正予算案などが提出されました。

平戸市議は23人。今回、一般質問を行うのは、わずかに8人。

一般質問は3ヶ月に1回の定例議会で行います。
市民のみなさんの意見や要望を市長や市幹部に直接届ける、年に4回のチャンスです。

市議の大事な仕事です。

毎回、10人前後しか行わないのは本当に残念です。

今回の私の質問は下記の4点です。
① 情報センター
② 原発
③ 税金の使い方
④ 駐車場の障害者用スペース

11日の午後2時前後からです。
傍聴、よろしくお願いします。

【写真】昨夜、突然の訪問者あり。
    知り合いの田平町のおばあさんでした。
    寿司を作ったから食べて、と。
    ありがとうございました。おいしかったです。

五島市からの電話  ~ 平戸日誌 ~

図書館

五島市の見知らぬ人、Aさんから電話がありました。
「平戸の黒田市長のフェイスブックを見たら、図書館建設に賛成の市民が多数のように書いてある。山さんのブログとどちらが本当ですか」と。

平戸市の状況を説明しました。

Aさん、
「財政や人口動態などは五島市と同じですね。賛成が多数というのは、おかしいですね。」

「なによりの問題は黒田市長の態度です。
市民に意見を聞いても図書館(情報センター)のことは分からない。
だから、五島市のような住民説明会などは必要ない、と言っています」と説明しました。

すると、Aさん、「それはひどいですね」と納得されていました。

大運動会  ~ 平戸日誌 ~

運動会

きょうは平戸小学校の大運動会でした。

子どもたちによる地区別対抗リレーでは、思わず興奮しました。
会場全体も一番の盛り上がりだった、と思います。

闘争本能が呼び覚まされるのでしょうか。

かわいい、元気な子どもたちを見ていると日頃の悩みも忘れますね。

ありがとうございました。
プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
おいでください、「世界遺産」の町・平戸市へ
2009年10月に行われた市会議員選挙で当選。25年ぶりの日本共産党の議席。17年、3期目の当選。
市民の声を、まっすぐに市議会に届けるためにがんばります。

1957年 長崎県五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索