FC2ブログ

情報センター建設に反対  ~ 平戸日誌 ~

images_20120129193329.jpg

市は情報センター(図書館+公民館)の建設を急いでいます。

この1月に始まった計画策定委員会も5月には答申を出すことが求められています。

そして、夏前にはボーリング調査などを行い、来年には本体の工事を行おうとしています。

建設費は建物だけで13億円。
備品や周辺整備などにも、お金がかかります。

私も広い図書館があれば良い、と思います。
しかし、いま作ることには反対です。

平戸市の借金は300億円。市の見通しでは、まだ、増えます。

人口は20年後には今の半分になります。

どうしても、必要なら田平支所などを活用すべきです。

建設反対の声をあげましょう。

市議会だより  ~ 平戸日誌 ~

P2012_0126_182023.jpg

「山かずひろの市議会だより」の配布を始めました。
12月市議会の報告です。

3月市議会までには終わらせたい、と思います。

今のところ、ご紹介するような反応はありません。
残念ですが。

自然エネルギー  ~ 平戸日誌 ~

P2012_0121_133716.jpg

21、22日と自治体問題研究所が行った「自治体政策セミナー」に参加しました。

茨城県のつくば市。

全国から議員や行政の関係者などが集まっていました。松浦市の安江市議(共産党)も参加していました。まったくの偶然です。

21日は全体会。
「民主党政治の迷走と政治の劣化」と題して法政大学の五十嵐仁教授が講演。それを受けての質疑。

22日は分科会。
事前に、7つある分科会から、私が申し込んでいたのは「自然エネルギーをいかした地域産業振興」。

21日の長崎新聞一面に「次世代エネルギーパーク」「平戸市を国が認定」と出ていました。

分科会では、自然エネルギーの利活用で雇用を生み出している自治体についての報告がありました。
平戸でも活かせるのではないでしょうか。
提案していきたい、と思います。

健康保険証の取り上げ  ~ 平戸日誌 ~

P2012_0120_095908.jpg

病気で失業し、国保の保険料が払えなくなったAさんから相談がありました。

「病院に行きたくても行けない」
「病気なので働くこともできない」

私は昨年9月の市議会で質問しました。

保険証を取り上げられている人が病気やケガになったときは、短期保険証が発行されることを確認しました。

市役所ではAさんへの短期保険証を発行することになりました。

ところが、税務課で「滞納している国保税を払います」という「誓約書」を書かなければ発行しない、と言われました。

「誓約書」を書いて保険証を受け取っても違反すれば、また取り上げられます。

Aさんのように、払いたくても払えない人はどうしたらいいのでしょうか。

病院に行かせない、ということでしょうか。

厚生労働省の方針と違うのでは? 
調べてみます。

【写真】我家の庭に咲いてます

給与の二重取り  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0259_convert_20120116111527.jpg

前回、情報センターの委員になったことをお知らせしました。

第1回は12日、午後2時から4時30分でした。
場所は北部公民館。

終了後、報酬5,000円、旅費300円をいただきました。

市議でない人が報酬を受け取ることに異議はありません。

市議は市議として選ばれ、参加しています。
いわば、市議としての仕事だ、と思います。

議員報酬との二重取りではないでしょうか。

しかし、条例で決まっているので受け取りました。
市議が市に寄付することも禁じられていますので、寄付もできません。

市議の分は廃止すべきだ、と思います。
市議会で決めれば、すぐに出来ることです。
議長や他の市議に働きかけたい、と思います。

こういう報酬について、他の自治体を調べてみました。
廃止されているところはありません。
しかし、議員を辞めるまで保管しておき、やめたときに、その自治体に寄付をしている、というところがありました。
共産党の議員団です。

廃止をめざしますが、受け取ったものは封を切らずに保管しておきます。
そして、議員を辞めたときに市に寄付します。

【写真】5,300円が入った封筒

図書館+公民館  ~ 平戸日誌 ~

P2012_0112_204203.jpg

きょう、平戸市総合情報センター(仮称・図書館+公民館)建設基本計画策定委員会の第1回会合が行われました。

委員は15名です。

図書館協議会、北部公民館運営審議会、若草読書会など所属はさまざまです。
伊万里市民図書館長も。

市議会からも3名が参加しています。
私も。

それぞれがどういうセンターを望むか、ということが主に話し合われました。

委員のひとりから
「市は財源難というが、道路建設を2、3年延期したら財源は生まれる。もっと、文化にお金を使うべきだ」という発言がありました。

税金のムダ使いをなくして、福祉・教育・文化などに使う。大賛成です。

一年の計は  ~ 平戸日誌 ~

P2012_0109_215851.jpg

知り合いに聞いてみました。
今年の目標は?
「3キロやせること」との返事。

それを聞いて、私もようやく目標を決めました。
「1年で366万歩を歩くこと」です。

ちなみに元旦から今日までが、92000歩です。

50代にもなると、一年の計も健康志向になるのでしょうか。がんばります。

【写真】 万歩計

出初め式  ~ 平戸日誌 ~

出初め式

きのうは平戸市消防団の出初め式でした。
団員のみなさん、お疲れ様でした。

午後から地元消防団の新年会に参加させていただきました。

今年は、消防団のみなさんが活躍しなくてもいい、そういう年になれば、と思います。

おめでとうございます  ~ 平戸日誌 ~

P2012_0103_133355.jpg

明けまして、おめでとうございます。

みなさんのご支援で市議会に送っていただいてから、早くも2年が過ぎました。
 
議員の仕事で一番大事なことは、市民のみなさんの声を市政に届けること。
 
私は公約どおり毎回、一般質問を行い、その内容を毎回、報告してきました。
 
国民健康保険税、住宅リフォーム補助金、田平バイパスの問題などをとりあげてきました。
 
住宅リフォーム補助金制度が昨年4月からスタートし、障害者手帳を持たなくても、要支援・要介護であれば、税の控除をうけられる制度が今年4月からスタートします。
 
これからも「住んでよかった」といえる平戸市をめざして、みなさんと力をあわせて頑張っていきたいと思います。

ご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

【写真】 新成人のみなさん、おめでとうございます。
プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
おいでください、「世界遺産」の町・平戸市へ
2009年10月に行われた市会議員選挙で当選。25年ぶりの日本共産党の議席。17年、3期目の当選。
市民の声を、まっすぐに市議会に届けるためにがんばります。

1957年 長崎県五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索