市会議員の新聞屋さん  ~ 平戸日誌 ~

P2011_0430_084104.jpg

月末なので朝から「しんぶん赤旗」の集金です。

Aさんはお客さんに、私のことを「新聞屋さん。
市会議員の新聞屋さん」と紹介してくれました。

先日は知り合いのBさんに「しんぶん赤旗」の配達・集金を
していることを話すと「そんなことをしているの」と驚いていました。

Bさんが友人に話したところ、友人も驚いていたそうです。

「しんぶん赤旗」(日刊紙と日曜版があります)の配達・集金は
日本中の共産党支持者や党員の手で行われています。
議員も、みんな参加しています。

【写真】
先日、日曜版の1面に元原子力安全委員長が出て、原発事故について、
「共産党が言ってきたことが正しかった。私は間違っていた」と
反省していました。

行政視察研修  ~ 平戸日誌 ~

P2011_0525_150352.jpg

P2011_0526_133923.jpg

市議会の文教厚生委員会で出張に行ってきました。
広島県の尾道市と神石高原町です。

尾道市立病院は「尾道方式」で、地域と連携した医療をすすめている、とのこと。

神石高原町立病院は県立病院から町立病院に変わり、
指定管理者によって経営が行われていました。

神石高原町の旧小畠中学校の校舎利用は文部科学省の
「廃校リニューアル50選」に選ばれたことがあるそうです。

旧校舎に高齢者住宅や託児所、放課後児童施設、
配食センターなどがありました。
業者に委託していましたが、住民の要望をかなえる取り組みとして、
学ぶところがあるのかな、と思いました。
研究してみたい、と思います。

田平町身体障害者福祉協会  ~ 平戸日誌 ~

P2011_0524_132705.jpg

P2011_0524_132747.jpg

きょう、田平町身体障害者福祉協会の総会が行われました。

障害があっても、さまざまな活動に取り組まれている姿に励まされました。

総会のあとは、カラオケやビンゴゲーム。

ゲームも終わり、片付けをしていると、
「酔って動けない人がいるので、自宅まで送って」と言われました。

酔った男性を、男3人で抱き上げているときでした。

肩に蹴りを一発、見舞われました。
お~~、痛い!

市長と議長の公用車  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0217_convert_20110522100605.jpg

IMG_0223_convert_20110522095842.jpg

「市議会だより」を配り始めました。

過去の5回は8000枚を配りました。
今回は、とりあえず6000枚を印刷。

配っていると、二人から

「『とかいせん』(市発行の市議会だより)を読んだけど、
やっぱり高価な公用車はおかしい」
「クラウンでなきゃ良い、とでも思ってるのかね」

と話しかけられました。

市長車・議長車の見直し、今後も求めていきます。

【市長車】5月末、クラウンからエスティマへ
      予定価格535万円、入札価格480万円

【議長車】昨年6月、クラウンからクラウンへ
     予定価格417万円、入札価格373万円

山かずひろの市議会だより  ~ 平戸日誌 ~

P2011_0519_111828.jpg

ようやく、出来ました。

多くの方の支援を得て、当選してから、早いもので1年と7ヶ月。

定例市議会が6回行われました。
私の議会だよりも6回発行です。

さっそく、配りますので、お読みいただければ幸いです。

島原城  ~ 平戸日誌 ~

shiro640_480_convert_20110516093123.jpg

島原市議選の応援に行ってきました。

土曜日の午後、平戸を出発。
日曜日の夜、平戸に帰ってきました。

天気が良くて幸いでした。
暑いくらいでした。

ハンドマイクを担いで、あちこちで宣伝しましたが、腰が痛くなりました。

遠いですね、島原は。

【写真】島原観光協会の壁紙ダウンロード無料サービスから

石川啄木  ~ 平戸日誌 ~

石川

『啄木日記を読む』(新日本出版社)という本が売れているようです。

「たわむれに母を背負いて」と歌った、岩手県出身の啄木。
生きていたら大震災をどう歌ったでのしょうか。

やわらかに
柳あおめる北上の
岸辺目に見ゆ
泣けとごとくに

去年は韓国併合100年でした。

地図の上
朝鮮国に黒々と
墨をぬりつつ
秋風をきく  

もう、ひとつ、啄木。

赤紙の
表紙手ずれし国禁の書
読みて
夜も眠れず

リフォーム補助金制度  ~ 平戸日誌 ~

P2010_0410_121854_20110511100735.jpg

申し込まれた42件すべてが補助金を受けることになりました。

今後は、予算の1000万円に達するまで受け付けた順に審査を行い、
補助の可否を決めるそうです。

審査は2,3日で済むとのこと。

この制度、県内では長崎市や南島原市、雲仙市も今年、スタート。

長崎市の予算は2億円。
南島原市と雲仙市は予算は3000万円で、補助の上限は20万円。
平戸市は予算1000万円、上限10万円。

よりよい制度めざし、業者のみなさんと力を合わせていきたい、と思います。

【写真】南島原市 昨年の市議選で共産党は1人から2人に 
     私も応援に行ってきました

大工さんの声、市政を動かす  ~ 平戸日誌 ~

2010蟷エ10譛・豌大膚繝サ遘・065_convert_20110219202914


リフォーム補助金制度。
平戸の人が住宅や店舗をリフォームするときに、
平戸の業者に工事を頼むと費用の10%(上限10万円)が
市から補助される、という制度です。

4月28日、第1次の申し込みが終了。
申し込みは42件。補助金の申請は374万円。
工事費総額6200万円。

「経済効果は16.5倍」と言ってもいいのでしょうか?
平戸経済の活性化に、つながってほしいものです。

予算は1000万円ですから、リフォーム予定の方は第2次で
申し込んではいかがでしょうか。

「仕事がなくて困っている」と大工さんから相談を受けて、調べたところ、
各地の自治体でリフォーム補助を行っていることがわかりました。

そして、昨年9月市議会で「平戸市でも実施を」と質問。
私は、議会のたびに質問して、実施を求めるつもりでしたが、
早くも、今年3月15日に制度がスタート。

大工さんなど業者のみなさんの声が市政を動かした、と思います。

【写真】県内で最初に制度を実施した五島市の現場
     五島市の共産党市議団が市議会で繰り返し実施を求めました


佐賀へ  ~ 平戸日誌 ~

P2011_0428_125424.jpg

友人が3月末に転居しました。
平戸市鏡川町から佐賀へ。

訪ねてみました。

【写真】友人宅の近くで。ツツジだ、と思います。

さあ、五月  ~ 平戸日誌 ~

P2011_0502_135022.jpg

P2011_0502_171444.jpg

気持ちのいい季節ですね。
陽気に誘われてポスターのはりかえに行ってきました。

新たに「ポスター、貼っていいよ」というところが1軒。

増えたり減ったりで、現在、53軒がポスターOK。

途中、棚田に見とれました。

大震災でも、菅内閣はTPP参加をすすめています。

農業破壊で、棚田が荒地に変わるのは、ごめんです。
ストップ!TPP
プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
最西端の駅がある長崎県平戸市。
2009年10月に行われた市会議員選挙で私が当選。25年ぶりの日本共産党の議席。13年、2期目の当選。市民の声をまっすぐに議会に届けるためにがんばります。

1957年 五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索