3月市議会  ~平戸日誌 ~

P2010_0423_220140.jpg

3月2日に市議会が始まります。

「毎回の議会で一般質問を行う」は私の公約です。
今回は3月4日の4人目に行います。
午後2時30分頃が質問開始の時間だ、と思います。しかし、当日の議事進行によっては大きく変わることもあります。

質問内容は下記のとおりです。
傍聴、お願い致します。

① 新年度予算案の審議にあたって
 税金のムダ使いをなくす取り組みは市長から
・ 職員、議員の旅費条例の見直し
・ 市長の公用車の見直し
・ 市長の退職金の見直し  

② リフォーム補助金制度
 この3月に始まる制度の充実を求める提案  

③ 国民健康保険税
 国保税の引き下げを。国保基金を取り崩して、加入者のために活用を

④ 田平バイパス
 市長の住民への約束・市議会答弁はどうなるのか

【写真】 名犬ラウラ  のび太が帰って、ひとり昼寝

おわびと訂正  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0177_convert_20110224144612.jpg

市建設部から「12月議会の答弁についての記述が間違っているのでは?」
という指摘を受けました。
確かに間違っていましたので、おわびし、訂正します。

2月1日ブログです。
「住民説明会の予定はない」という答弁があったと書きましたが、ここが間違いでした。

正確には
「全体もしくは関係者説明会ということで、どういったスタイルになるのか、今のところまだ未定でございますが、その各地区の説明会(地権者や地区の役員などを対象にした説明会)後にどの範囲での説明会ということになるか今のところは未定でございますけど、行う予定でおります」
と答弁しています。

つまり、住民全体を対象にするのか、関係者だけを対象にするのか、どういうスタイルで行うのか未定だが、そして、どの範囲(地域のことだ、と思います)を対象にするのか未定だが、説明会を行う予定である、という答弁でした。

申し訳ありませんでした。

実際、2月15日に住民説明会が行われました。
永田区・小手田区・米の内区が対象でした。161人が参加。

この説明会で市ルート案の決定が確認されて、今後は県が市ルート案にそって、作業を進めていくことになりました。

今後は市の住民説明会は行われません。

田平バイパスについて、3月議会の一般質問で取り上げます。
また、ご報告します。

【写真】 我が家の庭です

リフォームへの補助はじまります  ~ 平戸日誌 ~

2010蟷エ10譛・豌大膚繝サ遘・065_convert_20110219202914

18日、臨時市議会が行われました。

リフォームへの補助が決まりました。
平戸の人が住宅や店舗をリフォームするときに、工事を平戸の業者(大工さんなど)に頼めば、工事費の10%、最高10万円まで補助する、という制度です。

貸付ではなく、補助です。

住宅・店舗の持ち主は経費節減になります。
リフォームが増えれば、大工さんなど業者のみなさんも歓迎です。
そして、平戸経済の活性化にも、つながります。

3月15日から受付がはじまります。
くわしくは、市役所へ。

実は、この制度、昨年9月の市議会一般質問で私が提案したものです。
「各地の自治体で実施されて、成果があり、全国にひろがってきた。平戸でも実施を」と。

もちろん、私が提案したから実現したなどとは思いません。

仕事がなくて困っている大工さんなどの「仕事を」という声が市政を動かしたのだ、と思います。

チュニジア、エジプトではありませんが、政治を動かすのは、やはり市民の声です。

この制度、ぜひ成功させたいものです。

【写真】 五島市では、すでに始まり、好評です。共産党議員の質問を受け、実施

せわちょこ  ~ 平戸日誌 ~

P2011_0211_175348.jpg

世の中に絶えてチョコのなかりせば・・・

私にもチョコが届きました。
とりあえず、喜んでいます。

「せわちょこ」というそうです。
お世話になった人に贈るチョコのことを。

おばあちゃん、有難うございます!

カメラを忘れて  ~ 平戸日誌 ~

P2011_0211_190159.jpg

P2011_0212_142210.jpg

11日、地元・岩の上町の上大垣青壮年会の総会と懇親会がありました。
12日、4月に行われる佐世保市議選挙。真坂共子候補の事務所びらきがありました。

【写真】カメラを忘れて、携帯で撮りました。
    腕が悪いのか、携帯が悪いのか? 両方?

これも文化?  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0164_convert_20110211145438.jpg

伊万里市に行きました。
ついでに、「秘窯の里」と言われる大川内山へ行ってきました。
鍋島焼をひとつ買いました。

黒田市長の約束は? その③ ~ 平戸日誌 ~

IMG_0160_convert_20110207215319.jpg

昨年10月から「市民アンケート」の取り組みを行っています.
今でも送られてきます。
現在までに、およそ300人の方から送られてきました。
有難うございます。

「市民アンケート」では田平バイパス(平戸大橋から田平中学校近くまで)についても意見をお聞きしました。

さまざまな意見があります.
建設費用が30億円とか、短縮できる時間がわずか2、3分、ということを知っている人はほとんど、ルート変更などではなく、建設そのものに反対しています。

「反対住民が多い道路。税金のムダ使いをいつまで続けるのか」と。

【写真】 長崎市からのび太(手前)が帰ってきました。ラウラと昼寝

黒田市長の約束は? その②  ~ 平戸日誌 ~

IMG_4833_convert_20110204203432.jpg

前回のつづきです。

話し合いで再確認したことと新たに分かったことを紹介します。

① 再確認
「西九州自動車道の佐々町~松浦市がいつできるか」は今でも「不明」、ということ

市長の答は「西九州自動車道は国の事業だから知らない」というものでした。

田平バイパスは県の事業です。県の計画には田平バイパス・広域農道・西九州自動車道をつなげて平戸島の発展を図る、と書いてあります。

今でも「不明」ということであれば、住民の声を聞かずに、平戸市としてのルート案を急いで決める必要はない、と思うのですが・・・。

② 新たに分かったこと
県は「待っとこうか」と言っている、ということ

会のみなさんは、この市長のことばを「住民の十分な理解を得てルート案を決めるのを『待っとこうか』と県が言っている」と理解しました。

それなら、なおさら急ぐ必要はないわけですから、市長は約束どおり、「十分な協議や説明で理解」を得るよう、努力すべきだ、と思うのですが・・・。

【写真】 住民のみなさんの切実な願いがこめられた署名

黒田市長の約束は?  ~ 平戸日誌 ~

P2010_1004_100115.jpg


昨日、「田平バイパス計画を白紙撤回し住民の声を聞くことを求める会」と市長・建設部長などの話し合いが行われました。

内容は次回お知らせします。

「会」が2,222筆の署名を提出したのが、10月4日。
4ヶ月後にやっと、「30分間」ということで行われました。

あまりにも住民を無視したバイパス計画に、田平町永田区・日の浦区では、賛成の人も、反対の人も、「わからない」という人も含めて、住民のほとんどの人が署名し、「住民の声を聞いてほしい」と訴えました。

その声がやっと聞こえたのでしょうか。

昨年7月の田平町全体の住民説明会、私の9月議会での質問に、黒田市長は「地域住民との十分な協議や説明を行い、理解いただきながら推進を図る」と答えました。

ところが、県といっしょに地権者などへの説明はすすめながら、住民への説明は、なんら行っていません。

12月議会で「約束がちがう」と質したところ、今のところは住民説明会の予定はない、広報などで知らせる予定もない、という答弁でした。

昨日の話し合いの中で、2月中に住民説明会を行う、ということも明らかになりました。

「地域住民との十分な協議や説明を行い、理解いただきながら推進を図る」という約束、必ず守っていただきたい!
プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
最西端の駅がある長崎県平戸市。
2009年10月に行われた市会議員選挙で私が当選。25年ぶりの日本共産党の議席。13年、2期目の当選。市民の声をまっすぐに議会に届けるためにがんばります。

1957年 五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索