年金相談  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0150_convert_20110127204057.jpg

年金が大幅に減った、というAさんといっしょに行ってきました。

減っていないことが分かりました。

それでも、Aさんは「佐世保でも、市役所でも今日みたいに、きちんと説明してくれなかった」と納得し、喜んでいました。

よかった、よかった。

30年以上も家族と離れて働いたこともあるAさんの年金、
それにしても、少なすぎます。

日本の年金制度は本当に貧困ですね。

新春のつどい  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0146_convert_20110124205750.jpg

日本共産党平戸支部が新春のつどいを開きました。

参加者は党員、支持者から、「誘われたから」という人までさまざまでしたが、
おいしい料理を囲んで楽しいひと時でした。

さあ、写真をとりますよ。

青年劇場  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0127_1_convert_20110120203615.jpg

「文化」とは、あまり縁のない人間ですが、今年は少しでも「文化人」に近づこうと思っています。

佐世保市民劇場にも再加入しました。
会費を出し合い、運営も行い、観たい舞台を呼んでこよう、というのが市民劇場。
私は会費を出して、観るだけですが。

写真は青年劇場という劇団の「族譜」という舞台です。
かつて日本は朝鮮を併合し、植民地にしていましたが、そのとき行った「創氏改名」「皇民化政策」を題材にした舞台でした。

なかなか、よかったですよ。私が言うのも、なんですが。

寒い朝・吉永小百合  ~ 平戸日誌 ~

P2011_0116_092751.jpg

P2011_0116_121818.jpg

寒い!
そう言えば、「寒い朝」という歌があったな、と思いながら、イヤイヤ、布団を出ました。

今日は上大垣青壮年会の古紙回収の日。
当番でした。

平戸縦断駅伝が行われ、応援に行ってみました。
前からの写真はどれも失敗。後姿でスイマセン!

平戸の夜明けは大阪から  ~ 平戸日誌 ~

1075977970_210x152.jpg

かつて日本共産党や社会党を与党とする革新自治体が全国にひろがりました。
全人口の4割が革新自治体に暮す、という状況も生まれました。

なかでも、京都や大阪などが勢いがあり、「日本の夜明けは京都から」とか「日本の夜明けは大阪から」などと言ったものです。

その通りかもしれません。
今、時間をみつけては「山かずひろの市議会だより」を配っています。

きのう会ったAさんは「若い頃、大阪で働いた。正森成二さん(元日本共産党衆院議員)の後援会に入って、選挙もがんばった」と。

きょう会ったBさんは「若い頃、大阪で働いた。共産党を応援していた。デモにも、よく行った」と。

革新大阪の灯は消えずに、平戸でも、しずかに燃えつづけているんですね。

【写真】 右が在りし日の黒田了一さん。革新大阪の府知事でした。
     左は若き山下よしきさん。現在、日本共産党参院議員


民主党勝利に奔走したが・・・  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0139_convert_20110110113849.jpg

Aさんから「意見交換したい」と電話があり、行ってみました。
場所は「ちゃんぽんがうまい」と評判の田中食堂。(写真)
平戸島中部の中野にあります。

Aさん、開口一番、「昔は、社会党のために奔走し、前回の衆院選では民主党のために奔走した。しかし、今の政権は自民党以上にひどい」と。

政治の現状を憂い、平戸をなんとかしたい、という強い思いが伝わってきました。

「協力して何かできないだろうか。政治のことや平戸のことを語る会のようなものを作れないか」という提案がありました。
考えたい、と思います。

腹痛・消防出初め式  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0136_convert_20110108122113.jpg

昨日、今日と腹の調子がおかしい。
「正月で食べすぎ、飲みすぎ」ということもないのですが、なぜか、おかしい。

写真は消防出初め式での第4分団のみなさん。
第4分団は地元岩の上町白浜のみなさんで作っています。
白浜地域だけでなく、岩の上町全体と大野町までカバーしていただいている、とのこと。
有難うございます。

出初め式の後、第4分団の懇親会に参加させていただきました。

昨年、団員を募集していましたので、応募しました。
残念ながら、他にも応募があり、締め切った後でした。
つぎの機会を待ちたいと思います。

おめでとうございます  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0134_convert_20110104113452.jpg

きのう、成人式が行われました。
新成人、およそ300人が参加しました。

はしゃぐ姿を見ていると「若いって、いいな」と思います。

一方で、「生きていくことが大変な時代。若者も高齢者も
安心して生きていける社会めざして、がんばらなければ」
という思いを新たにしました。

明けましておめでとうございます  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0131_convert_20110101115644.jpg

みなさんのご支援で市議会に送り出していただいてから1年と少しが過ぎました。
議員の仕事で一番大事なことは、みなさんの願いや要望を市政に届けることだ、と思います。
その意味で一般質問は重要です。私は毎回の議会で必ず一般質問を行ってきました。

市議選の2年前に立候補を表明しました。
そのときに掲げた公約や市議選のときに掲げた公約などを、ずっと訴えてきました。そして議会でも取り上げてきました。

その公約の一部(副市長をひとりにもどす・特別職の生月区長と大島区長を廃止する・乳幼児の医療費の無料化――2011年4月から現物支給として実施へ)が実現しました。

もちろん、「共産党が言えば実現する」というものではありません。
市民のみなさんの世論が市政をうごかしたものです。

今後とも、住んでよかった、と言える平戸市をめざして、みなさんと力を合わせて、頑張りますので、ご支援よろしくお願いいたします。
プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
最西端の駅がある長崎県平戸市。
2009年10月に行われた市会議員選挙で私が当選。25年ぶりの日本共産党の議席。13年、2期目の当選。市民の声をまっすぐに議会に届けるためにがんばります。

1957年 五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索