北部民商まつり  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0346_convert_20101128210905.jpg
IMG_0365_convert_20101128211308.jpg

平戸市や松浦市など県北の中小業者のみなさんがつくっている北部民商。
その祭りがありました。

会場は松浦市の新鮮市場じげもんと、その周辺。
たくさんのテントが並び、民商の会員が作ったお茶や野菜、干物などが売られていました。
おでんや焼き芋なども。


おわび  ~ 平戸日誌 ~

P2010_1121_124210.jpg


福祉の仕事をしているAさんには、いつもお世話になっています。

そのAさんから「前回のブログのタイトルは真剣に福祉にとりくんでいる者を
侮辱している」とお叱りを受けました。

おっしゃるとおりです。申し訳ありませんでした。訂正します。

付け加えなければならないこともあります。
私は施設の建設に反対しているわけではありません。
「いずれ、私もお世話になりたい」と思っているからです。

雇用を生み出すということでも、福祉の分野は重要だ、と思っています。

「説明会」で住民のみなさんが大きな問題として指摘していたことが
もうひとつあります。

施設ができたときのインフラ整備の問題です。
特に、「大雨のときの排水が心配」という声が多くの人から出されました。

市はどう考えているのでしょうか?

【 写真 】 日曜日、北部公民館まつりが行われました。
        やはり、文化芸術は「生」がいいですね。


老人福祉施設  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0102_convert_20101121204715.jpg

私の住む岩の上町の鞍掛山の中腹に
地域密着型介護老人福祉施設(小規模の特別養護老人ホームのような施設)が
できる、というので業者の「説明会」がありました。

敷地 3000坪・建物 865坪
国からの補助金  1億2000万円

「説明会」ではなく、地元住民が業者に建設の白紙撤回
(つまり「選定」の返上ということになる、と思います)を求める集会となりました。

業者が選定委員会に出した書類に「地元住民の同意を得ている」
と受け取れる記述をしたことが原因です。

実際には、この業者の建設に同意している人は一人もいない、とのこと。

「ウソをつく業者にお年寄りをまかせるわけにはいかない」
という意見にうなづきました。

市の選定委員会は3業者から、この業者を選んだそうです。

書類とプレゼンテーションだけで審査し、
地元住民の声を聞くことも、現地を見ることも行わなかったそうです。

おそらく、選定は決められた方法で行われたのでしょう。

おそろしい話ですね。

説明会終了後、理事長と施設長に聞いてみました。
「白紙撤回ということは選定を返上することですね?」
「それはできません」と即答。

不正が明らかになった以上、市が「選定」を取り消せば、もめなくてもすむのではないでしょうか。

【 写真 】  わが家の庭に咲いていました

晴配雨読 ?  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0071_convert_20101118185546.jpg

このところ、愛車の原付でビラ配りの毎日です。

なかなか、雨が降りません。
降れば、配布をあきらめるのですが。

見知らぬ2人の女性から声をかけられました。
「今度は遅かったですね」
「わかりやすいので、読んでます。つぎも待ってます」

見知らぬ男性からも「入れましたよ。がんばって」と。

ありがたいことです。

【写真】 夕陽の平戸大橋もいいですよ

税金のムダ使い  ~ 平戸日誌 ~

P2010_0730_134748.jpg

アンケートで一番の要望は「税金のムダ使いをなくして」です。

私は6月議会で市長・議長の公用車の見直しを求めました。
「他の自治体のように、クラウンではなく、もっと低価格の車に」と。

市長の答弁は「市長車の車検が来年。できれば、ワンボックスカーも検討したい」でした。

ちなみに、他の自治体では
佐世保市・松浦市・・・ワンボックスカーなど
佐々町・川棚町・・・・町長・議長用の公用車はない

【写真】 この春、議長用の公用車として導入されたクラウンの新車。もちろん、平戸市のことです、残念ながら。

電話が2本  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0092_convert_20101112222237.jpg

アンケートが送られてきます。現在、50枚を超えたところです。
ありがとうございます。

今回の特徴は
「この道路のココに歩道がほしい」
「あそこのカーブミラーが見えにくい」
「妊婦健診だけでも平戸市内で受けられるようにしてほしい」
など、具体的な記述が多くなっていることです。

昨夜、70代という男性から電話がありました。
「共産党のビラをはじめて見た。がんばってほしい」と。

今夜は65才という女性から、「住宅リフォーム助成を実現してほしい。20年住む家がだいぶ傷んできたので。商店街をきれいにすることなどに税金をかけすぎでは?」と。

前回のアンケートでは、電話はありませんでした。

要望の実現のため、がんばります。

市議会だよりとアンケート  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0087_convert_20101109131422.jpg

ずいぶん遅くなりましたが、「市議会だより」の配布をはじめました。

現在、およそ3000枚の配布ですので、残りは5000枚。
平戸の世帯数が14000。

今回は年に1回の「市民アンケート」もいっしょに配っています。

切手を貼る必要はありません。ぜひ、ご意見・ご要望をお寄せください。

新事務所  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0352_convert_20080616123805.jpg

中小業者のみなさんの団体、北部民主商工会(民商)の事務所が
田平町里免から田平町日の浦に移りました。

国道204号沿い、親和銀行のすぐそばです。

中小業者の営業とくらしを守る新しい拠点です。
業者のみなさん、相談ごとはなんでも、民商へ。

きのうは祝う会が行われました。
私もあいさつをさせていただきました。

【写真】 右が30年がんばってくれた旧事務所  「台風のときは怖かった」とのこと
プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
最西端の駅がある長崎県平戸市。
2009年10月に行われた市会議員選挙で私が当選。25年ぶりの日本共産党の議席。13年、2期目の当選。市民の声をまっすぐに議会に届けるためにがんばります。

1957年 五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索