FC2ブログ

3月議会  ~ 平戸日誌 ~

IMG_1243.jpg

3月2日から23日までの日程で市議会が行われます。
2010年度の予算を審議する、という重要な議会です。
福祉・教育など、市民のみなさんの暮らしを応援する予算をつくるため、私もがんばります。

私の一般質問は8日(月曜日)の午後2時30分からです。
傍聴ください。

質問項目は下記のとおりです。
12月議会と重なる部分もあります。
12月議会では自席からの再質問が平戸大橋・生月大橋の職員・パートのみなさんの雇用問題だけになりました。
今回も質問の中心になりますが、他の質問にも、もっと聞きたいことがあります。

①12月議会での市長答弁について
  「移動市長室」は良い取り組みだと思う。
  しかし、12月議会での山一般質問に対して、事前に「全て市長答弁」という合意ができていたにもかかわら  ず、なぜ、合意がやぶられ、総務課長や福祉事務所長が答弁し、答弁しようとしたのか。
  質問は議員として、市民の願いを届けているもの。
  市民の願いをないがしろにするもの、ということにならないか。
②平戸大橋と生月大橋の職員・パートの雇用について
  12月議会でも取り上げたが、50人をこえる人が3月末で解雇されようとしている。「私が無料にしました」  と繰り返し言ってきた市長として、どんな取り組みをしてきたのか、そして、今後どう取り組もうとしているの  か。
③市長など特別職の退職金の見直しを
  12月議会で市長の退職金について、市長の考えを質問したにもかかわらず、総務課長が答弁した。今回は、市  長自身の答弁を。
④特別職の生月区長・大島区長の廃止を
  生月区長・大島区長は2年おきに235万円の退職金を受け取っている。
  財政難のとき、考えられないこと。
  田平町には区長は設置されなかった
  他の自治体にも合併に伴って、特別職を設置した例はない。 
⑤現在、乳幼児医療費の助成の対象は小学校入学前の子どものみ。対象を中学卒業まで引き上げるべき。
  少なくとも、現在の「償還払い」から「現物給付」に。
  「現物給付」は長崎市は実施ずみ、佐世保市や諫早市は10月から実施へ。
  松浦市・五島市・壱岐市でも子どもの医療費助成を充実させている。
  「子育てするなら平戸市で」という市をつくるためにも。

【写真】 深町たかおさん、知事選、お疲れ様でした。
     参院選めざして、がんばります。

税金  ~ 平戸日誌 ~

P2010_0219_112110_20100220123501.jpg

知事選ビラ5000枚の配布とハガキ1000枚の郵送を終えました。
はじめて、ビラを配ってくれた人、ハガキに宛名を書いてくれた人も数人。
ありがとうございました。

生活相談も続いたので、けっこう忙しい日が続きました。

食べていけない、という漁師。
息子が借金を抱えて病気になって帰ってきた、という70代の女性。

昨夜は、知り合いの商店主が「来ないか」というので、行ってみると、数人が集まっていました。
「税金について、共産党の話を聞きたい」ということでした。
およそ2時間の懇談になりました。
「また来てくれ」ということになりました。

【写真】 知事選ビラとセットで配った平戸民報議会報告版・・・遅くなりましたが。

黒田市長の答弁  ~ 平戸日誌 ~

P2010_0211_144916.jpg

きのう、知事選の団体カー(民主県政をつくる会)が平戸にもやってきました。
私のとなりは、ふちせ栄子参院候補です。

「新幹線・石木ダムなどを中止して、税金は福祉・教育を優先に」と訴えました。

全国の自治体ですすめられている「中学卒業までの医療費の無料化」も可能です。
ちなみに、群馬県やさいたま市では、中学卒業まで無料で、窓口での負担も全くない「完全無料」です。

長崎県は遅れています。
小学校入学前の子どもが対象で、月1600円までは窓口負担があります。
1600円をこえる分も、一度負担し、あとから請求します。
となりの松浦市は、4月から、これを中学卒業まで充実させる計画です。

私は12月の市議会一般質問で「平戸市でも中学卒業まで充実すべき」と求めました。
およそ2640万円で可能です。
今年度予算233億円の0.1%。
手取り(生活費)が月23万円の家庭に例えると、わずか264円で可能です。

しかし、残念ながら黒田市長は「できません」と答弁。

市民のみなさんとも協力して、充実を求めていきます。

ばあちゃん 97歳  ~ 平戸日誌 ~

P2010_0206_180723.jpg

きのうは、ばあちゃんの誕生日でした。
97歳になりました。

長崎市に住む、おじやおば、いとこなどが集まって、祝いました。

ばあちゃんは日本が行った中国への侵略戦争で夫(じいちゃん)を亡くしました。
幼い子どもたちを抱えて、苦労の連続でした。

健康で長生きしてほしいものです。

長崎知事選 深町たかおさん  ~ 平戸日誌 ~

201001231507055d0.jpg

明日から長崎知事選です。
深町たかおさんからメッセージが届いています。

 こんにちは。深町たかおです。
 総選挙では、国民の怒りが、くらしを破壊してきた自公政権に退場の審判をくだして、新しい政権が誕生しました。
 
県政では、出馬の意欲をしめしていた金子知事が11月に立候補をしないことを表明しました。これまですすめてきた大型公共事業中心で県民に冷たい県政が、ゆきづまったからです。金子知事に相乗りしていた政党(自・公・民・社民)の責任も問われます。
 
 国民・県民が声をあげれば、政治を動かせる時代がはじまりました。
 
 私、深町たかおは、「3つのチェンジ」をかかげ、県民と力をあわせて、税金のムダづかいをなくし、くらし・福祉・教育優先、被爆地「ナガサキの心」を発信する県政へ転換します。
 
 私とごいっしょに県政を変えましょう。心からご支援をお願いします。

深町たかお氏の略歴
現職 「民主県政をつくる会」事務局長。「平和と民主主義・革新の日本をめざす長崎の会」事務局長。
1942年生まれ。
九州大学理学部卒業。九大学友会執行委員長、全学連中央執行委員などを務める。
長崎南山高校教師を経て日本共産党長崎県書記長、県委員長などを歴任。2004年退職後に現職。原水爆禁止運動や憲法を守る9条の会の活動をはじめ政治革新の運動にとりくむ。
プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
おいでください、「世界遺産」の町・平戸市へ
2009年10月に行われた市会議員選挙で当選。25年ぶりの日本共産党の議席。17年、3期目の当選。
市民の声を、まっすぐに市議会に届けるためにがんばります。

1957年 長崎県五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索