医療費の無料化  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0826_convert_20090329152223.jpg

先日、相談を受けたおばあさんの生活保護申請が、却下されました。

申請の理由は世帯主の息子さんを入院させてあげたい、ということ。
入院をすすめられているのに、お金がなくて、入院できない。

おかしい!
「先進国」と言われる国々では、多くが医療費は無料です。

家族のみなさんと、いろいろ相談しました。
とりあえず、奥さんの眼を病院で診てもらうこと、そして障害者年金が受けられれば、
ということになりました。

眼はどんどん悪くなり、働くこともできませんが、お金がなく、
診てもらったことはありません。

市役所などに総合的な窓口はあるのでしょうか?

「生活保護は最後のセーフティネット」と市職員も言っておられました。
それならば、「○○のため、生活保護は却下」というだけではなく、「そのかわり、こういう制度がありますよ」と教えてくれるような、窓口は?

なによりも、「医療が無料で受けられる日本に!」

    ( 親父が植えています )

経済大国ニッポンよ  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0824_convert_20090326205707.jpg

すさまじい働き方、働かされ方に驚きました。

先日、相談があったシングルマザーです。

仕事があるかないかは前日の夕方か、当日の朝、5時頃にわかるそうです。
電話があれば「仕事あり」、なければ「仕事なし」。

朝、電話があって、すぐに迎えの車がきたり、7時、8時になったり。

昼休みは30分。11時だったり、3時、4時だったり。
終業は4時だったり、9時、10時だったり。

パートで、社会保険に加入したいとも言えず・・・。
月に15日くらい働いて総額およそ10万円の給料。

「健康で文化的な最低限度の生活」は無理です!

親兄弟の関係で生活保護は申請できません。

役所で就学援助の説明を受けたり、サラ金の借金を県などの貸付制度を利用して
借り換えできないかなど、少しでも負担を減らせるよう相談しています。

      ( 近所にいただいて、植えました )

「しんぶん赤旗 声の日曜版」  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0807_convert_20090322091340.jpg

Aさんの目は病気のために、だんだん不自由になってきました。

購読していただいた「しんぶん赤旗」日曜版もほとんど読んでいないとのこと。
「声の日曜版」をすすめたところ、さっそく知人からテープレコーダーをもらってきました。

「うん、わかりやすいね」「何回も聞いてるよ」と、うれしい声。

なんだか、元気も出てきたようですが、「声の日曜版」効果?
普及したいと思います。

声優さんが毎週、「日曜版」の記事を吹き込んでいます。
毎週、90分のカセットテープが1本、郵送で届きます。
料金は月に650円。

申し込みは
    視覚障害者友情の会
    福岡市博多区比恵町2-28 ホワイトピア401
    092-472-6762
    

全国生活と健康を守る会  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0783_convert_20090305203956.jpg

生活相談が相次ぎました。
3件連続です。

「生活が苦しいので、支援の制度はないですか」という田平町のシングルマザー。
住宅ローンが返せなくなったという人から、再度の相談。
住民登録が抹消されていたという人から、「いっしょに市役所に行ってほしい」という相談。

対応に追われました。

佐世保の生活と健康を守る会にお世話になりました。
さすがは、困っている人のために、がんばっている専門家のみなさん、助かりました。

生活保護の分厚い解説書も手に入りそうです。

重税反対全国統一行動  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0815_convert_20090315213044.jpg

13日、「消費税大増税反対。仕事と雇用をふやせ」と
全国580ヶ所で行われ、17万人が参加しました。

長崎県北部でも北部民商が中心となって、行われました。

私も参加して、あいさつをさせていただきました。

国保の基金(国保税のためこみ)について。

1人当りで計算すると、平戸市や松浦市が佐世保市や諫早市・大村市の
数倍から20数倍もためこんでいることを紹介しました。

会場からどよめきが起こりました。

「国保をよくする会」を作り、国保税の引き下げ運動などに取組んで行けたら、
と考えています。

生活保護  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0778_convert_20090312201722.jpg

平戸島の南部で宣伝中に、おばあさんから相談を受けました。

「息子も嫁も病気で働けない」
「孫のわずかな収入で暮らしている」
「水道は止められ、井戸を使っている」
「生活保護を受けたいが、2,3度来た市職員は『現状では受けられない』と言うばかり」

とのことでした。

いっしょに市役所にでかけて、生活保護の申請をしてきました。
受けることができれば、いいのですが・・・。

市で「だめ」なら、「県への訴え」、「厚生労働省への訴え」ということになります。

なんとしても、家族が「健康で文化的な最低限度の生活」(日本国憲法第25条)を
営めるようにしなければ、と思っています。

   ( 親父が庭に植えていました )

4.5 市田書記局長を迎えて、佐世保で演説会  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0797_convert_20090308201857.jpg

平戸も、かつてない取り組みをすすめています。
50人の参加で、平戸だけでバス1台をいっぱいにしようというものです。

無料バスの運行表です。

          (紐差町・ふれあいセンター)  12:00 発
          (平戸大橋公園)         12:25 発
          (バス停・平戸大橋東口)    12:30 発
          (田平町・道の駅)         12:40 発

バスのりばまでの送迎車も出します。
連絡ください。

帰りは、「田平町・道の駅」が午後5時前になる予定です。

あなたも一度、日本共産党の話を聞いてみませんか?

佐世保市民劇場  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0766_convert_20090301205433.jpg

入会して、1年になります。

2ヶ月に1回、演劇を鑑賞する団体です。

去年は、文学座「長崎ぶらぶら節」、劇団民藝「明石原人」、前進座「さんしょう太夫」などが上演されました。

今年の1回目は劇団エイコーンの「アンナ・カレーニナ」。
主演の栗原小巻はすごい、と思いました。

思わず、「うまい!」と。
およそ、3時間、出ずっぱりで、しゃべりっぱなし、頭も、体もどうなっているのだろう?

帰りに友人の家に泊めてもらうのも、楽しみです。
プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
最西端の駅がある長崎県平戸市。
2009年10月に行われた市会議員選挙で私が当選。25年ぶりの日本共産党の議席。13年、2期目の当選。市民の声をまっすぐに議会に届けるためにがんばります。

1957年 五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索