FC2ブログ

「福祉資金」をもっと利用しやすく  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0438_convert_20080831195205.jpg

平戸市には「福祉資金」という制度があります。
お金に困った市民への貸付制度です。

Aさんといっしょに社会福祉協議会に行って、話を聞いたのは2月でした。
「10万円まで貸し出すことができます。返済期間は3年です」という担当者の話に喜びました。

しかし、手続きに1ヶ月くらいかかるということでした。
市外の人が連帯保証人になる場合は、もっと時間がかかるということでした。

また、窓口には説明書など、市民に渡すものは何も用意されていないということでした。
「口頭で説明するだけです」と担当者。

「今、お金に困っているのに、1ヶ月後では間に合わない」とAさん。
泣く泣く、あきらめました。

そのAさんがまた困っています。

暮らしが大変なときです。
せっかくの制度ですから、利用しやすく改善して、もっとアピールしてはどうでしょうか?

「市には暮らしを助ける制度もありますよ。利用しましょう」と。

(宝亀教会  平戸市にはたくさんの教会があります。宝亀教会のたたずまいは最高だと思います)

これぞ、なれあい?  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0382_convert_20080828134754.jpg

平戸市の副市長は、この4月から2人になりました。
給与は年間898万円です。2人で、なんと1800万円。
給与額が決められたのが、3月の市議会です。

27人の市議のみなさん、この議案を含めて全ての案件に対して、「異議なし。賛成」を繰り返しました。

ところがです。
Aさんから聞いた話では、副市長を2人にすると決めた議会で、反対しようとした市議がいたそうです。
しかし、市側からの働きかけによって、賛成することになったそうです。
「どこでも、同じようなことをやってるよ」とAさん。

そういうものでしょうか? 

同じ、3月議会で決められたことをもうひとつ、紹介します。
「ひとり親世帯入学祝い金制度」の廃止です。
母子家庭や父子家庭など、ひとり親の世帯でお子さんが小学校や中学校に入学するときに、
市から「祝い金」を出していました。
金額はわずかに3,000円。
昨年度、受け取ったのは76世帯で、合計額は22万8,000円です。

「財政危機宣言」を行った平戸市。
「祝い金」廃止もやむを得ないのか?
それにしても、2人の副市長の給与1800万円とは・・・。

(写真は小林多喜二の「蟹工船」。今、売れていますが、平戸の書店にもごらんのように並んでいました。日本共産党員の作家・小林多喜二が平戸市議会を傍聴していたら、どう思うかな?などと野暮なことを言うつもりはありません)

おそるべし平戸勢  ~ 平戸日誌 ~

P1000969_convert_20080824173543.jpg

第46回「しんぶん赤旗」全国囲碁・将棋大会の長崎県北地区大会が行われました。
平戸からも総勢15人が参加。

将棋はすごいことになりました。
A(2段以上)、B(2級以上)、C(初心者)の全ての階級を平戸勢が
制覇するという快挙をやってのけたのです。

囲碁に参加されたみなさんもまずまずの成績でした。

私は囲碁のB(3段から5級)クラスに参加しましたが、4局4敗。
がっくりです。

後援会ニュース  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0548_convert_20080823191236.jpg

後援会ニュースの「残暑見舞い」号ができました。
今までのA4版からB4版に変わっています。
原稿をKさんに渡すと、かっこよく仕上げてくれました。
ニュースは3月から発行をはじめましたが、今号でやっと第5号。

配りはじめると、うれしいことがありました。
ひとり暮らしのCさんを訪ねたときのことです。
お客さんが2人いましたので、ニュースを渡して、すぐに帰ろうとすると、「上がって」と言われました。
上がると、「こちらが共産党の山さん」と紹介してくれました。
そこへ、もうひとりのお客さんがおはぎや草餅などを持ってやってきました。

市政や後期高齢者医療制度についての不満などが出されて、さながら、即席の「日本共産党とくらしを語るつどい」になりました。

おはぎとお茶をいただく前に「パチリ」。

手すりのない階段  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0546_convert_20080819175300.jpg

夏風邪をひいて2、3日、寝ていましたが、やっと起きました。

知り合いのタクシー運転手さんから「階段に手すりをつけることはできないか?」
と言われていた件で、市営住宅に住むEさんのところに出かけてきました。

住宅の手前にある階段は急です。手すりもありません。
Eさんは足が悪いので、這うようにして、のぼりおりしているそうです。
買い物帰りなど荷物があるときは、もっとたいへんです。

手すりをつけてくれるよう、市と話をしてみましょうか、とお聞きしたところ、
「つけてほしい、と何度もお願いしたけれど、だめだった」
「『入居時の約束では、住んでいる人がつけることになっている』と言われた」
「もう、あきらめているから、市には話さなくてもいいです」ということでした。

先日、生活保護を申請したにもかかわらず、「取り下げ」の一筆を書かされた人も、
「近所の目もある」「どうせ、だめだから」と再申請はしないことになりました。

どちらも、市と話をしたら、実現すると思うのですが・・・。簡単ではありません。

  (写真はEさんが住む住宅ではありませんが、階段の構造はほぼ同じです)

どうなっている?社会保険事務所  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0545_convert_20080815135219.jpg

Aさんは佐世保社会保険事務所で
「あなたは25年を満たしていないので年金はでません」と言われて、がっくり。

「今まで、がんばって働いてきたのに」と。

お盆休みが取れたというので、いっしょに佐世保社会保険事務所へ行ってきました。
「70歳までに25年を満たせば年金は出る」ということを確認して、ひと安心。

それにしても、前回の対応はひどかったようです。
「あなたは25年を満たしていないので年金はでません」とだけ。
「70歳」のことなど、まったく教えてくれなかったそうです。

どうなっているんですか?社会保険事務所

東京の碁仇  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0533_convert_20080813223404.jpg

11日の深夜に東京の友人がやってきました。
15日まで、平戸のあちこちを案内しています。

きのうの夜は、民宿のおばさんにすすめられて、いっしょに大島へ。
「大島村 夏まつり 花火大会」を楽しんできました。
おばさんが用意してくれた刺身、ビール、酎はいをいただきながらの、
ステージと花火は最高でした。

きょう、フェリーで平戸へ帰ってきたのは午後。
おばさんを民宿まで送ると、
「ついでに、スーパーまで乗せて」というので、今度はスーパーへ。
3人とも、大笑いでした。
なかなか気さくなおばさんで、仲良くなれそうです。

碁仇とは、さっそく、きのうの午前中に対局。
私の2勝1敗で、「互い先」まで持っていきました。
東京で3段まで腕を上げた、ということでしたので、私も3段かな?

  (「互い先」は「互角」と考えてください)

2本の虹  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0497_convert_20080809133633.jpg

きょう、9日は、長崎被爆63年。
原水爆禁止世界大会・長崎に参加予定でしたが、体調不良のため、
ずっと自宅で横になっています。
残念。

昨夕、虹が2本かかりました。
近所の人がいっせいに、パチリ、パチリ。
見えますか?

私は、はじjめて、見ました。
平戸ではときどきあるのかと、思いましたが、おとなりさんも「はじめて」と。

「雨の降り方がおかしかったからねえ」という人も。
ひょっとして、これも温暖化の影響ですか?

わたしも「里親」に  ~ 平戸日誌 ~

foster1.jpg

しんぶん「赤旗」日曜版の「健康ライフ」で、
帝京科学大学理工学部・アニマルサイエンス学科の准教授、
横山章光さんが話していました。

ペットを飼うことの効能について
  生理的利点・心理的利点・社会的利点

以前、1年だけプードルを飼ったことがあります。
また、飼いたくなりましたので、インターネットで捜していたところ、
「里親制度」というものがありました。
無料で引き取ることができるという、ありがたい制度です。

ブラックラブラドールレトリバーを引き取りたいと考えています。

みかん 露地からハウスへ、そして廃業  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0487_convert_20080806111340.jpg

Aさんから、みかんをいただきました。
甘くて、おいしかったです。
「チョコレートを食べたあとでもOK!」と言われているとのこと。

ところがAさんは「今年でみかん作りは最後になる」と言っています。
重油高騰の影響です。

Aさんは以前は、露地栽培をしていました。
オレンジの輸入自由化などの影響で行き詰まり、ハウス栽培に。
「腕のいい」みかん農家だったAさんはハウスでも成功。

しかし、今度は重油高騰で廃業せざるを得ない、というのです。

アメリカと大企業のいいなりになって、農業を犠牲にしてきた自民党政治。
投機マネーの規制にもうしろ向きです。

日本共産党が3月に発表した「農業再生プラン」を持っていませんでした。
あとで、お届けしたいと思います。








夏まつり  ~ 平戸日誌 ~

images.jpg

きのう、私の住む地区の夏まつりがありました。
「上大垣地区 第11回夏まつり」

子供をつれた若いおかあさんやおとうさんを中心に
およそ150人くらいが楽しんでいました。

カラオケ大会や剣舞、フラダンスなどなど。

私もビール片手に、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

カメラも持たずに、手ぶらで出かけましたので、様子をお伝えできなくて残念です。

「ヤミの北九州」と同レベルか?生活保護  ~ 平戸日誌 ~

KIF_0482_convert_20080802124953.jpg

「生活保護を受けたい」という相談がありました。

その人は、以前にも、市に申請したそうです。
ところが、職員にいろいろ言われて、「一筆」書いたそうです。
それが、「申請を取りやめます」という内容になっていることに気がついたのは、あとのこと。

もう、どうすることもできなかった、と言います。

今は、借金をして、なんとか暮らしています。

市役所に行ってきました。
担当者から「申請権はある」という答えが返ってきました。

その人は、現在、申請しようか、迷っています。
「市役所ともめたくない」というのです。

こういう市民いじめだけは「ヤミの北九州方式」と同じレベルか、
と腹立たしく思っています。
負けるわけにはいきません。
プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
おいでください、「世界遺産」の町・平戸市へ
2009年10月に行われた市会議員選挙で当選。25年ぶりの日本共産党の議席。17年、3期目の当選。
市民の声を、まっすぐに市議会に届けるためにがんばります。

1957年 長崎県五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索