新しいポスター  ~ 平戸日誌 ~

IMG_2230.jpg

新しいポスター(写真右)が届きました。
今日、はりだしを予定したのですが、残念ながら雨模様です。

とりあえず、わが家だけにして、残りは週末にでも、と思います。

世界のカマモト  ~ 平戸日誌 ~

IMG_2227.jpg

今日の「しんぶん赤旗」は、昨日の共産党大会の様子をくわしく伝えています。
私も仲間といっしょに、ネット中継で見ました。
「野党と市民の共闘で政治を変える」新しい時代が来た、と感動しました。

スポーツ面を見て、またビックリでした。
メキシコ五輪で日本のサッカーを銅メダルに導いた世界のカマモトさんが出ているではありませんか。
まさか、と思いました。
自民党で参院議員を務めていた人ですから。

努力することや個性を伸ばすことなど、「いいこと言うな」と思いながら読みました。
釜本邦茂さん、ありがとうございました。

吉野ヶ里遺跡  ~ 平戸日誌 ~

吉野ヶ里

吉野ヶ里遺跡に行ってきました、連れ合いと。
前から行ってみたかったところです。

紀元前4世紀頃の集落跡、ということでした。
今から、2千数百年前のことですね。

吉野ヶ里の人たちは、どこから来たのでしょうか?
東南アジアから海流にのって?
大陸から?朝鮮半島から?
ホモ・サピエンスですから、先祖は東アフリカ出身であることは間違いないでしょうが。

歴史のロマン、というのでしょうか、いいですね。

賃金未払い  ~ 平戸日誌 ~

1月花

昨年の11月、「賃金未払いのまま解雇された」と訪ねてきた人たちが、経過報告を兼ねて、
新年のあいさつに来ました。
「労組から聞いていますので、気をつかわずに」と言ったのですが、わざわざです。

3人からの相談で始まり、長崎県労連の人に来てもらって、詳しい話を聞いたときも3人でした。
今、4人に増えたそうです。
みなさん、平戸の人です。

組合と経営者の話し合いが始まりました。
解決して、未払い賃金が払われると良いのですが。

消防出初式  ~ 平戸日誌 ~

IMG_2226.jpg

出初式に参加させていただきました。
ありがとうございました。
火事や災害などのない2017年であってほしい、と思います。

写真は平戸第4分団の皆さんです。
いつも、ありがとうございます。

その後の懇親会や2次会にも参加させていただきました。
2次会のあと、お世話になっているスナック2店に、新年のあいさつ。

「ずっと自民党に入れてきたけど、戦争法だけは許せない。もう自民党には入れてない」など、
うれしくなる話がいくつもありました。

こいつぁ、春から縁起がいい!!!

謹賀新年  ~ 平戸日誌 ~

IMG_2222.jpg

2017年、明けましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いいたします。

今年は、上大垣の自治会と青壮年会の役員のみなさんへの年始のあいさつでスタート。
午後は、成人式です。

さて、昨年、日本の政治は「新しい時代」を迎えたのではないでしょうか。
夏の参院選では32の一人区すべてで野党統一候補が実現し、11で勝利。
新潟の知事選でも、野党統一候補が圧勝。
市民と野党が「本気の共闘」を行えば、今の政治を変えられる、という展望が示されました。

今年は衆議院の解散・総選挙が予想されます。
選挙に勝って、政治を変えたいですね。

そして、10月には確実に平戸市議会議員選挙です。
市民のみなさんの願い、声をまっすぐに市議会に、市政に届けるため、全力で頑張ります。
ご支援、よろしくお願いいたします。


よいお年を  ~ 平戸日誌 ~

大晦日

このブログが今年最後の仕事になるでしょう。
早いものですね。あと3時間弱で2017年です。

今日は、赤旗写真ニュースの張り替えに回りました。
集金に手間取り、30カ所しか張り替えできませんでした。
午後6時過ぎで終了。

では、よいお年を。

上大垣青壮年会  ~ 平戸日誌 ~

IMG_2219.jpg
おでん

明日が大晦日。
上大垣青壮年会が、年末には恒例の取り組みを行いました。
23日には粗大ごみの回収、28・29日には夜警。

夜警では「火の用心、カチカチ」と回る前に、おでんや刺身で、ちょっと一杯。
毎年のことですが、これが楽しみです。

上大垣青壮年会みなさん、お疲れさまでした。
今年も、ありがとうございました。

太陽光発電、市説明会  ~ 平戸日誌 ~

IMG_2218.jpg

地元、上大垣に作られた太陽光発電の住民説明会が行われました。
市による説明会は、ようやく2回目です。
「工事は完了した」という報告がありました。

周辺住民のみなさんからは、大雨のときの水害を心配する声が、次々に出されました。
また、側溝の整備などを求める声も出されました。

私は市議会の質問で明らかになったことを話しました。
太陽光発電施設と隣接するように開店した2つの大型店、この3社の固定資産税は合計で約850万円。

「山﨑かずひろの市議会だより」(ビラ)に書いて配ったのですが、はじめて知る、という人も多くいました。
みなさんの間から「市の税収が毎年850万円増えるのだから、当然、水や風などの被害対策に使うべきだ」という声が出されました。

オスプレイ配備断固反対  ~ 平戸日誌 ~

12月花


オスプレイ配備断固反対のコメントをいただきました。
ありがとうございました。
本当に、オスプレイ墜落は沖縄だけの問題ではない、と思います。
以下、ご紹介します。

山﨑さん、目の具合はいかかでしょうか?

オスプレイは佐賀にも配備されるようですし、佐世保上空でも飛行していたとのブログ記事を読みましたんで、住宅地にでも墜落したら恐ろしかと思っとります。

沖縄国際大学への墜落事故を思い出しました。

私はオスプレイ配備断固反対です。

山﨑さんを応援しとる市民もここにおりますけん(^o^)

怒り、怒り!!!  ~ 平戸日誌 ~

シクラメン2

3月の市議会で、市長・副市長・教育長の給与・ボーナスと、市議のボーナスを上げる議案が可決され、ただちに実施されました。
おとといの12月市議会最終日、今度は市長・副市長・教育長と、市議のボーナスを上げる議案が可決されました。
12月支給のボーナスから実施します。
市長は9万3千円上げて、給与・ボーナス合計で年間1,273万円に、市議は3万7千円上げて、年間513万円に。

私は反対討論を行い、反対しました。
私の席は議場の最前列ですので、確認できませんでしたが、反対討論は行わずに、反対した市議が1人いたそうです。
その他の市議は賛成でした。
賛成討論は誰も行いませんでした。
3月市議会でも、反対討論は私だけで、賛成討論はありませんでした。
堂々と賛成討論を行うことができないのでしょうか?

市民のみなさんに話すと、どなたも
「市民の暮らしが大変なのが分からないのか!!!」
「上げるんじゃなくて、下げろ!!!」と怒り、怒りです。

本当に、情けない、腹立たしい平戸市議会です。
もちろん、議案を提出した黒田市長にも、怒り、怒りです!!!


どうする?レストハウス  ~ 平戸日誌 ~

レストハウス

レストハウスについて、「リフォームも、建て替えもしなくて、大丈夫か?」という問い合わせがありました。

大丈夫です。
今までも、悪いところは直しながら使ってきました。いますぐ、直さなければならないところはありません。
市が「リフォーム」と言っているのは、億の税金をつぎ込んで、「新たな観光の拠点」「新たな平戸の名所」にしよう、と考えているからです。

現在、レストハウスには観光協会と観光協会が営んでいる売店があります。
職員は数人、売店の売り上げは、ここには書きませんが、ずいぶん少ないです。
レストランは昨年、閉店しました。

私は、下記のどちらかにすべきだ、と考えています。
①しばらくは今まで通り、悪いところが生まれたら、そのつど直しながら使う。
  いずれは、売店を閉じて、観光協会には別のところに移動していただく。
  レストハウスは解体して、駐車場につかう。駐車場不足が緩和される。
②先送りするのではなく、すぐにでも、売店を閉じて、観光協会には別のところに移動していただく。
  レストハウスは解体して、駐車場につかう。駐車場不足が緩和される。

億の税金をつぎ込むことを、認めるわけにはいきません。
税金は、来年度から2割も上げようと計画している国保税を、上げないように、あるいは半数以上の自治体で実施している、子どもの医療費の完全無料化を、平戸でも実施することなどに使うべきです。

オスプレイ墜落 沖縄タイムズ記者の涙  ~ 平戸日誌 ~

IMG_2216.jpg

現場に一番早く乗り込んだ、沖縄タイムス記者のレポート。
最後に記した涙に、沖縄県民の気持ちが良く出ていると思います。
現場の緊迫感も良く伝わります。
お読みください。

13日午後10時すぎ。「ヘリが集落を旋回している」という名護市安部(あぶ)区民の連絡を受けて同区に向かった同僚の西江千尋記者から、一報が入った。宜野座村での夜間訓練の取材を終えたばかりだったが、同じ違和感を覚え、安部に向かった。

 同11時35分。本社から「沖縄本島東海岸にオスプレイが着水したようだ」との連絡。その後「津堅島沖」「浜比嘉島沖」などと携帯メールが鳴り続け、情報は錯綜(さくそう)。現場がどこなのか、雲をつかむような話だった。

 14日午前0時すぎ、安部集落のすぐ脇の海岸に着いた。月明かりの下、海岸北側に広がる岩場がぼんやりと見えた。干潮で滑る岩場や水たまりを進むと、岩ではない影が一つ。「まさか」。黒い影に夢中でシャッターを切り、画像モニターを見た。身震いと怒りが一気に込み上げた。墜落したオスプレイの残骸(ざんがい)だった。

 記者は私一人だけ。海面には数個の明かりが見えて、米兵の捜索だと想像できた。とっさに2004年の沖縄国際大学ヘリ墜落での米軍によるメディア規制が頭をよぎる。「撮影を知られたら、メモリーカードをよこせと言われるかもしれない」

 0時45分ごろ、本社から「写真を送れ」との指示が届くが、携帯もパソコンも電波がつながらない。いったんその場を離れ、端末の光で米兵に気付かれてはいけないと、岩場に隠れて写真を何枚も送信した。

 捜索で飛んできた米軍ヘリのライトに照らされ、思わず岩場に身を隠しながら、さらに近寄った。海に入り午前2時40分ごろまで撮影を続けていると、報道陣も集まっていた。海上保安庁と県警、米兵ら約20人が到着。「ここから下がって」と取材規制が始まった。

 報道陣はひとまず下がったが、私は「規制の根拠は何か」「米軍の指示での規制なのか」と問いただした。目の前の警察官は「本部に聞いて」とだけ。そばの米兵に、拙い英語で「ここは沖縄だ。基地じゃない。なぜだ」と聞いても何も答えない。

 潮が満ちてくる中、報道陣と警察との押し問答が続く。「飛行機に毒物があるかもしれないから」と話す警察官もいた。規制に従わない報道陣に、米兵はあきれているようにも見えた。

 集落の国道一帯と、海岸に向かう路地も警察が一時規制。現場には、東村高江で警備に当たる県外も含めた100人を超える機動隊が入り、一時騒然となった。

 「起きるべくして起きた」と、米軍ヘリの訓練で騒音被害を受ける人たちは異口同音に語る。危険性を肌で感じるからこそだ。一夜明け、米軍は決まり文句のように「安全が確認されるまでの一時飛行停止」を発表した。裏を返せば、墜落当事者の米軍が「安全」と判断すれば飛行を再開するということだ。

 在沖米軍トップは「県民や住宅に被害を与えなかったことは感謝されるべきだ」とも言った。県民意識とのあまりの乖離(かいり)に頭に血が上り、悔しくて涙が出た。(北部報道部・伊集竜太郎)

レストハウス、市民の勝利  ~ 平戸日誌 ~

レストハウス

今日、平戸市議会産業建設委員会が行われました。
レストハウスの設計委託料1500万円の補正案も審議されました。
私は総務委員会所属ですが、出席して審議を見守りました。

これまでの市議会で、レストハウス関連の議案は2件提出されました。
反対は私だけで、2件とも可決されました。
しかし、今日は1500万円を0円にする、という修正案が出され、全員一致で可決しました。

産業建設委員のみなさんからは「喜んでいるのは山﨑さんだけだ」などと言われましたが、
喜んでいるのは多くの市民だ、と思います。
みなさん、「税金は、子ども医療費の完全無料化や国保税の引き下げなど、くらしの応援につかってほしい」と思っているのですから。

「市民の勝利」と言っても、とりあえずの勝利です。
本会議がまだです。
そして、「現段階では、時期尚早」というのが修正案提出の理由ですから。
市はあきらめていませんし、市議会も時期が来たら、ゴーサインを出すのではないでしょうか。

今後も、市民のみなさんといっしょに、「レストハウスのリフォーム、建て替え反対」の声を上げていきます。

国保税、2割近い引き上げを計画  ~ 平戸日誌 ~

シクラメン

一般質問が終わりました。
就学援助で制度改善をする、という答弁などがあり、前進したと思います。

しかし、重大なことも明らかになりました。
国保税(国民健康保険税)を来年度から、2割近く引き上げようとしていることが明らかになりました。
議案は来年3月の市議会に提出されます。

絶対反対です。
私は、税金はレストハウスの改修などに使うのではなく、暮らしの応援に使うべきだ、と主張してきました。
長崎市などのように、一般会計から国保会計への繰り入れを行えば、平戸市では国保税を上げる必要はありません。

高い国保税の原因は国にあります。
市町村の国保会計への国の負担を、かつての半分に減らしました。
しかし、そういうときこそ、地方自治体は住民のために頑張らなければなりません。
プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
最西端の駅がある長崎県平戸市。
2009年10月に行われた市会議員選挙で私が当選。25年ぶりの日本共産党の議席。13年、2期目の当選。市民の声をまっすぐに議会に届けるためにがんばります。

1957年 五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索