FC2ブログ

上段の野   ~ 平戸日誌 ~

上段の野 (3)

2020 上段の野

2020 上段の野 2



平戸市南部の上段の野に行ってきました。
秋晴れ、気持ちいい一日になりました。

連れ合いは、野草をよく知っています。
私は、景色のみ。

みなさんも、どうぞ。

副市長の答弁、市長にも責任   ~ 平戸日誌 ~

副市長

9月市議会での一般質問。
平戸市振興公社での大量解雇について質問しました。

解雇された職員のみなさん、生活や人生が大きく壊されました。
今でも、再就職できない人もいます。

公社は市が100%出資してつくりました。
公社の理事長は、副市長です。
公社職員の雇用に責任があります。

質問でも紹介したのですが、副市長の就任あいさつが、2016年4月の「広報ひらど」に出ています。

 「これまでは、産業を振興し、働く場を創るための仕事をしてまいりました。
 その経験を生かし、平戸の発展に少しでもお役に立てればと考えております」

「働く場を創る」と言っておきながら、やったことは大量解雇。
おかしいではないか? と質問しました。

それに対して副市長は、
 「解雇した職員を、ひとりでも、ふたりでも公社で再雇用できるよう、努力する」と答弁しました。

この答弁、必ず、守らなければなりません。
市長は、副市長の答弁に責任を負わなければなりません。

映画   ~ 平戸日誌 ~ 

浅田家!


あの日のオルガン

映画「浅田家!」を観てきました。

連れ合いは、
「映画、久しぶり。2月の『あの日のオルガン』以来かな。やっぱり映画はいいね」と。

コロナ禍で、久しぶりでした。
映画はいい、と思いました。
ただ、私としては、東日本大震災で被災した福島県の海辺の町が舞台なので、原発事故のことも一言ほしかったですね。

秋   ~ 平戸日誌 ~

DSCF0157.jpg

日中は、まだまだ暑さを感じますが、
朝夕は、ぐっと涼しくなりました。

我が家の庭の隅でも、秋は深まってきているようです。

北部民主商工会   ~ 平戸日誌 ~

北部民商 2020

北部民商の総会が行われました。
未来創造館に、30人余りが集まりました。

スナック経営、農業など事業者のみなさんです。

「消費税10%とコロナ、ダブルパンチだ」
「総選挙で政治を変えないと、営業も暮らしも壊れる」などなど。

囲碁 新人王戦   ~ 平戸日誌 ~

囲碁 新人王戦

先日、NHKが、将棋の藤井聡太2冠を特集していました。
やはり、すごい天才なんだ、と。
努力もすごい、と。

囲碁では、新人王戦、決勝3番勝負が行われています。
28日、月曜日に第2局。
「しんぶん赤旗」の主催です。
「第45期」になるんですね。

日本棋院がライブ配信、うれしいですね。

道そうじ   ~ 平戸日誌 ~

上段の野

今日は、地元・上大垣地区の道そうじでした。
午前8時30分、公民館前に、およそ70人が集合。
集合しなかった、という人も含めて、100人を超える参加者だった、と思います。

例年、1時間くらいで終わるのですが、今年はおよそ2時間。
台風の落ち葉で、溝が埋もれていたり・・・。
おつかれさまでした。

雇用を守れ  その2   ~ 平戸日誌 ~

2020 9月2

前回ブログの続きです。

「振興公社職員の雇用を守れ」
「市は責任を果たせ」

と、主に市長に質問を行いました。
もちろん、副市長にも質問しました。

その中で、副市長から
今後、元職員の雇用、ひとりでも、ふたりでも振興公社で再雇用できるように努める、という答弁がありました。
この答弁、しっかり実行しなければなりません。

とりあえず、一歩前進ですが、わずかな一歩です。
壊された生活、人生が元に戻るよう、すべての元職員の雇用に、市と公社は責任を負うべきです。

雇用を守れ  その1  ~ 平戸日誌 ~

2020 9月1

一般質問では、平戸市振興公社の職員の雇用を守れ、と質問しました。

公社は3月末をもって、大量解雇を行いました。
文化センターと平戸城の職員は全員解雇。
定年退職ひとりも含め、職員は52人から、38人へ。

解雇で生活を壊され、人生を狂わされました。
今でも、再就職できない人もいます。

質問で明らかになったことは、公社は再就職の斡旋を、いっさい行わなかった、ということ。
市の対応も、まったく無責任です。

公社は、文化センターや平戸城などを運営させるために、市がつくったものです。
市が100%出資、公社理事長は副市長です。
雇用に責任を負うべきですが、再就職の斡旋は、いっさい行いませんでした。
それどころか、解雇された元職員ひとりが、市の臨時職員(1年契約)に応募したのを、不採用にしました。

今からでも、市と公社は協力して、再就職の斡旋などを行うべきです。


松尾実市議が謝罪   ~ 平戸日誌 ~

IMG_3797 2020

議会運営委員会で松尾実市議が、自身の一般質問について謝罪しました。

私のところには、これまでも、松尾市議の一般質問について、市民のみなさんから、さまざまな声が寄せられていました。

今回の一般質問では、通告外の質問を繰り返し、質問中に議長から注意を受けました。
また、質問の最後に、長々と、傍聴席に向かって話しかけ、質問後、議会運営委員長から注意を受けました。

謝罪した部分は、会議録からの削除を求められますが、削除するかどうかは、松尾市議が決めることになります。
削除となれば、市議会の最終日、18日、議長から報告があります。

乳児への支援、こちらは   ~ 平戸日誌 ~

2020_20200912165813c0d.jpg

市議会の一般質問が終わりました。今回は9人。

私は、コロナ・消費税増税などのもとでの、暮らしの応援を求めました。
コロナ感染症拡大への市としての対策、平戸市振興公社の大量解雇なども質問。

前回ブログで、「ひとり親世帯への支援」は訂正しましたが、「乳児への支援」を平戸市も行うことになり、こちらは私の提案も実った、という感じです。

6月市議会で、市民への支援として、いくつか提案しましたが、その中のひとつに「乳児への支援」もあります。
今年4月28日から来年3月31日までに生まれた乳児に、ひとり当たり10万円を支給します。
すでに、実施している自治体もありますが、平戸市も実施へ。

歓迎します。
しかし、暮らしがたいへんな今こそ、地方自治体の第一の仕事、住民の暮らしを守ることに、もっと力を入れるべきです。

申し訳ありません   ~ 平戸日誌 ~

申し訳ありません。
今、9月市議会の一般質問を準備しているのですが、先日のブログが間違っていることに気が付きました。

黒田市政、一歩前進 というブログです。

ひとり親世帯への支援、5万円、という内容で書きました。
この制度は国が行うもので、平戸市独自のものではありません。

私は確かに、6月市議会で、この制度について述べました。
しかし、国の制度として紹介しています。

私は、確かに、いくつかのことを提案しています。
しかし、これは含まれていません。
私が提案した、というのは全くの勘違いでした。

訂正いたします。
申し訳ありません。

台風10号   ~ 平戸日誌 ~

台風10号が通り過ぎました。
地元の上大垣をまわってきました。
屋根瓦がずれたり、木が倒れたり・・・。
幸い、大きな被害は目にしませんでした。

本日午後5時から9月市議会です。
そこで、詳しいことがわかる、と思います。

台風9号の被害   ~ 平戸日誌 ~

台風10号

台風9号は、思っていたよりも大きな被害を与えたようです。

昨夜、「屋根瓦が飛ばされた。国や市から補償はないのか?」と電話がありました。
知り合いの大工さんに電話すると、「うちにも、修理の依頼が7、8件きている。あちこちで被害が出ているみたいだ」と。
何か、補償があればいいのですが、無いようです。

国・自治体の災害補償を、充実させる必要があるのではないでしょうか。
感染症や災害への対応、世界中が軍事費などを削って対応すべき時代ではないでしょうか。

台風9号  ~ 平戸日誌 ~

台風10号

台風9号が通り過ぎました。

平戸も激しい風、雨でした。
朝、市役所に聞くと、「避難所に避難された市民は約140人」と。
幸い、大きな被害は無かったようです。

週末には台風10号が来ます。
被害が無ければ良いのですが。


プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
おいでください、「世界遺産」の町・平戸市へ
2009年10月に行われた市会議員選挙で当選。25年ぶりの日本共産党の議席。17年、3期目の当選。
市民の声を、まっすぐに市議会に届けるためにがんばります。

1957年 長崎県五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索