道そうじ  ~ 平戸日誌 ~

道そうじ 2016

きのうは、上大垣自治会の道そうじでした。
蒸し暑くて、けっこう汗をかきました。
子どもたちも参加。
みなさん、お疲れさまでした。

ポスター掲示板  ~ 平戸日誌 ~

keiji.jpg

台風16号の被害です。

「ポスター掲示板が倒れている」と連絡をいただきました。
まわってみると、4カ所で倒れていました。

とりあえず、回収してきました。
後日、再設置に行きます。

台風でも倒れないように、頑丈に作ったつもりでしたが。
飛ばされていなくて、良かったです。

(写真は、少し前のもの)

超高速参勤交代  ~ 平戸日誌 ~

超高速参勤交代

連れ合いと一緒に、映画を観てきました。
「超高速!参勤交代リターンズ」

笑いながら、楽しめる映画でした。

湯長谷藩主が「民、百姓のために」と奮闘するところを、
安倍首相にも観てほしいですね。

月見会  ~ 平戸日誌 ~

2016 月見

昨夜は、上大垣青壮年会と上大垣ミセスの会が合同で月見会。
夏まつりの反省会を兼ねて。

台風の影響で雨もよう。
月は見られませんでしたが、美味い酒と料理で、楽しい夜でした。

ありがとうございました。



子どもの医療費  ~ 平戸日誌 ~

運動会

市議会の一般質問では、子どもの医療費の無料化を求めました。
平戸市で実施した場合の、経費が明らかになりました。

対象が、
小学校入学前の子供のとき 1600万円
中学生までのとき        2300万円

平戸市の予算は280億円。
年間予算の0.057%で小学校入学前まで、0.082%で中学生まで医療費が無料になります。

市がすすめているレストハウスのリフォーム、テレビ局・設計業者は費用を4億円、と提案してきました。
市は、費用を削減してでも、リフォームをすすめようとしています。
一方で、「子どもの医療費無料化」への答弁は、冷たいものでした。

「無料化」は本来、国が実施すべきことだ、と思います。
しかし、国が実施しないため、全国で5割の自治体が独自に実施しています。
無料化まで、市民のみなさんといっしょに、頑張りたい、と思います。

敬老会  ~ 平戸日誌 ~

IMG_2175.jpg
IMG_2180.jpg

今日は、上大垣自治会の敬老会でした。

今年も、子どもたちが合唱してくれました。
上大垣ミセスの会の出し物も恒例です。

参加された皆さん、大いに盛り上がりました。
私も参加させていただきました。
ありがとうございました。

みなさん、いつまでも、お元気でいてほしい、と思います。

奨学金  ~ 平戸日誌 ~

IMG_2172.jpg

写真は今日の新聞です。
昨日の大村市議会の一般質問で、奨学金制度が議論されています。
驚きました大村市には、大学生を対象にした給付型の奨学金があるんですね。

実は、私も昨日の一般質問で奨学金制度の拡充を求めました。
平戸市には、貸付型の奨学金制度があります。

ただし、返済免除になる場合があります。
高校生が卒業し、平戸に帰り、農業や漁業などの後継者となり、5年間働いたときです。

この要件を緩和することを求めました。
例えば、後継者でなくても良いとか、大学生や専門学校生なども対象にするとか、です。

市長の答弁は「検討する」でした。
平戸の若者に喜ばれる奨学金制度になるよう、今後も質問していきたい、と思います。

9月市議会  ~ 平戸日誌 ~

カラフトフクロウ 1

今日から市議会です。
一般質問のために調べていて、分かったことがあります。

子どもの医療費、病院窓口での負担が無料(0円)の自治体数

小学校就学前まで  1,029  全自治体(1741)の59%
小学生まで        898               52%
中学生まで        825               47%
高校生まで        173               10%

これは、通院の場合です。入院の場合は、さらに増えます。

きのうの「ダーウィンが来た!」の主役は、カラフトフクロウ。
ネットで見る限り、樺太には生息していないようです。

7人の侍  ~ 平戸日誌 ~

7人の侍


9月市議会の一般質問は、7人が行います。
平戸市議会は定数20人ですから、3人にひとり。

一般質問は、市民の声、願いを市政に届ける機会です。
残念ですね。

私は7日の3時30分頃です。
・子どもの医療費の無料化を
・住宅や学校の耐震補強
・レストハウスのリフォーム
・市の奨学金制度など

傍聴、よろしくお願いします。



図書館友の会  ~ 平戸日誌 ~

2016082911160001.jpg

図書館友の会から、お招きをいただきました。
市議は6人が参加。

友の会の活動を教えていただき、意見交換。
いろいろ、勉強させていただきました。
ありがとうございました。

途中、弁当も出ました。(有料、500円)

コーヒーサーバー班は、未来創造館(平戸図書館と北部公民館)内のコーヒーサーバーの管理を担当。
利益は、さまざまな活動に活用している、とのこと。
「もうけが目的ではありませんから」と。

ライブラリーコンサート班は、昨年8月の未来創造館オープン以来、毎月、コンサートを開催。
  ・ピアノとサックス&ブルースハープ
  ・フラダンス&ウクレレ 
  ・三味線と尺八の調べ   などなど

今後も、毎月、最後の土曜日に開催するそうです。
午後7時から1時間くらい。場所は平戸図書館です。

無料です。あなたも行ってみませんか。
私も行ってみようと、思います。

平戸市は、もっと努力を  ~ 平戸日誌 ~

IMG_2171.jpg

6月市議会の報告「山﨑かずひろの市議会だより」の配布が大きく遅れました。
参院選挙と猛暑のためです。
これから、手分けして、配布です。

発行に当たって、改めて「子どもの医療費」について、調べました。
厚労省の調査で、中学生や高校生まで、病院窓口での負担が全く無い(無料)の自治体が約5割に増えています。

全国1741自治体のうち、
(通院が無料) 中学生まで 652  高校生まで 173  合計で 47.4%
(入院が無料) 中学生まで 770  高校生まで 177  合計で 54.4% 

平戸市の助成制度は、中学生まで。
病院ごとに、ひと月につき、診療が1日なら800円、2日以上なら1,600円を上限とする負担があります。

平戸市でも、無料化に踏み出すべきだ、と思います。

平戸への旅  ~ 平戸日誌 ~

IMG_2163.jpg

「しんぶん赤旗」日曜版(タブロイド版)には「旅」のページがあります。
8月21日号を見て、びっくり。何と「長崎・平戸」の旅でした。
1ページの3分の2を使い、写真4枚と平戸市内の地図も。

書いたのは岡村直樹さん。
どんな人だろうと思い、ネットで調べてみました。
1948年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒。
ローカル紙記者などを経て旅行作家に。日本旅行作家協会会員。

「切り絵 利根川の旅」「時代小説で旅する東海道五十三次」などの著作がありました。 

「平戸への旅」、いいですよ。あなたも、どうぞ。

稲刈り  ~ 平戸日誌 ~

稲刈り

我が家の迷犬たちの散歩コースでは、稲刈りが始まっていました。
おととい、金曜日の写真です。
昨日、今日の土曜、日曜で、稲刈りを終えた田んぼが、いっきに増えました。
秋ですね。

残念なことも。
稲を作らなくなり、荒れ地になっているところも増えています。

議員研修会  ~ 平戸日誌 ~

2016081914010000.jpg

平戸文化センターで議員研修会が行われました。
主催は長崎県市議会議長会。

山梨学院大学の江藤俊昭教授が講演しました。
「住民自治のための議会改革~その条件とは?」

9月5日からは平戸市議会も始まります。
暑さに負けず、頑張らなければなりません。

友情  ~ 平戸日誌 ~  

IMG_2157.jpg
IMG_2159.jpg

温かあ、暑いですねえ。
九州は連日の猛暑。平戸も例外ではありません。
何もする気がしないので、テレビに、新聞にと、オリンピック三昧です。

「しんぶん赤旗」が「前半戦ハイライト」の中で「友情」も取り上げていました。
「うんうん。感動したよ」と思いながら、見ました。

体操の内村選手とカヌーの羽根田選手
プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
最西端の駅がある長崎県平戸市。
2009年10月に行われた市会議員選挙で私が当選。25年ぶりの日本共産党の議席。13年、2期目の当選。市民の声をまっすぐに議会に届けるためにがんばります。

1957年 五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索