ドイツ、すごいですね  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0099.jpg

「働き方改革」法案は、長時間労働を野放しにするものです。
首相が国会答弁を撤回、謝罪して、大問題になっています。

ドイツでは、35時間労働から28時間へ。
子育てや介護のとき、2年間が上限ですが。

給与は減額されない、とのこと。

肝っ玉おっ母と子供たち  ~ 平戸日誌 ~

肝っ玉

長く果てしなく続く戦争の中、幌車を曳いて軍隊に付き従い、戦況を睨み町から町へ行商して稼ぐ女商人・アンナ。
女手一つ、三人の子どもの「肝っ玉おっ母」として戦火を渡り歩き、がむしゃらに生きるその逞しさ、やがて彼女たちを飲み込む、救いのない運命――。
戦争の本質を描き出すベルトルト・ブレヒトのこの異色の反戦劇。

仲代達也主演の無名塾公演を観てきました。
佐世保市民劇場の例会です。
感動しました。
連れ合いも「感動!」と。

祈りの幕が下りる時  ~ 平戸日誌 ~

祈り

夜勤明けの連れ合いと観てきました。
泣けましたね。

つい、主人公・加賀恭一郎が、合田雄一郎とか重なってしまいます。
合田雄一郎、髙村薫小説の主人公。

もっとも、「マークスの山」(直木賞)などの合田雄一郎は、カッコいい、とは言えないのですが。

平戸市・黒田市長へ  ~ 平戸日誌 ~

玄海17年8月2

国と九電が、来月にも玄海原発を再稼働しようとしています。
平戸市でも、多くの市民が反対しています。

一昨日、原子力規制委員長が関係自治体と意見交換を行なった、との報道。
黒田市長も出席し、「容認できない」と訴えたようです。
当然のこととして、歓迎です。

再稼働がせまる中、黒田市長には、さらに積極的に行動していただきたい、と思います。
①今回のように、聞かれたら答えるというのではなく、自ら、国と九電に対して、再稼働しないよう働きかける
②玄海町・佐賀県にだけ認められている「同意権」を、他の市長のように求める

どちらも市議会で質問したことですが、「ノー」という答弁でした。
今からでも取り組んでほしい、と思います。

【写真】 昨年8月、日本共産党国会議員団の玄海原発調査に同行したときに撮影

上大垣災害時支援者会議  ~ 平戸日誌 ~

災害

地元の上大垣地区にも、自主防災組織がつくられています。
昨夜、支援者に登録している人の会議がありました。

支援者は46人。要支援者は9人。
情報班や消火班などがあり、私は避難誘導班に所属しています。

災害がおこらないことを願います。

カトリックの人たちとも  ~ 平戸日誌 ~

大司教

写真は、昨日の「しんぶん赤旗」です。
カトリック長崎大司教の髙見三明さんのインタビューが、掲載されました。

「私は1945年8月9日のナガサキ、母の胎内で被爆し、翌46年に、武器の無い日本に生まれてきました」と始まるインタビュー。
「核兵器廃絶」や「9条まもれ」の思いに感動しました。

平戸市もカトリックの人たちが、たくさん住んでおられます。
「核兵器廃絶」「9条まもれ」では共同できるのでは、と思います。

あきらめない  ~ 平戸日誌 ~

辺野古

名護市長選挙は残念な結果でした。
しかし、出口調査では6割をこえる市民が「新基地建設に反対」。
あきらめたら負けです。
基地のない平和な沖縄、平和な日本をつくるために頑張ります。

沖縄のみなさんに励まされます。
昨日は早くも、米軍キャンプ・シュワブゲート前などに多くの人たちが集まったそうです。

激戦の名護へ  ~ 平戸日誌 ~

名護市長選挙

明日4日が投票日の名護市長選挙。
最大の争点は、辺野古に米軍基地をつくることを許すのかどうか。
現職の稲嶺ススム候補は「新基地は絶対止める」と。

名護や沖縄だけの問題ではなく、日本の平和や民主主義がかかった問題。
私も一週間、選挙ボランティアに行ってきました。
大激戦、名護に知り合いがいる方は、今すぐ電話を。

寒い  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0094.jpg

平戸でも、寒い日がつづいています。
我が家の迷犬のび太とラウラも、外に出すと寒そうです。
しばらくは寒さがつづくと思うと、ちょっと憂鬱ですね。
雪国のみなさんには、申し訳ないですが。

政党助成金  ~ 平戸日誌 ~

政党助成金

総務省が2018年分の政党助成金の受給申請が8党からあった、と発表しました。
2018年は、およそ318億円の税金を山分けします。
ご存知のように、日本共産党は受け取っていません。

各党のおよその受取額は(時事通信の試算)
自民党     185億円
民進党      36億円
希望の党     30億円
公明党      29億円
立憲民主党   28億円
日本維新の会  13億円
社民党       4億円
自由党       3億円 

国民の思想・信条の自由を侵し、政党の堕落をまねく政党助成金。
廃止するべきではないでしょうか?    

県知事選挙  ~ 平戸日誌 ~

県知事選

県知事選挙がスタート。
昨日は4人・3組で、田平町、平戸北部・中部・南部、生月町のポスター張り。
今日は、離島の度島と大島へ。
天候に恵まれて、無事終了。

5千億円と言っていた新幹線が、フル規格で1兆円に。
水は足りているのに、石木ダム。
コンクリートより人を応援する原口さんで、県政を変えましょう。

レディ・ジョーカー  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0078.jpg

知事選挙のビラが残っていたので、配るつもりでしたが、
あいにく朝から雨です。

読みかけの「レディ・ジョーカー」を読み終えました。
ドストファンには申し訳ありませんが、私には「罪と罰」より「レディ・ジョーカー」です。

上大垣グランドゴルフクラブ  ~ 平戸日誌 ~

グランドゴルフ 1

上大垣グランドゴルフクラブの新年会がありました。
料理とアルコールで、にぎやかに。
2次会は、カラオケです。

練習は月曜日から金曜日までの午後です。
驚きは、86歳の女性が、欠かさず参加していることです。
お元気です。

私も、今年こそ、練習に参加して、大会へも出てみたい、と思います。

長崎県知事選挙  ~ 平戸日誌 ~

IMG_0076.jpg

1月18日告示、2月4日投票で、長崎県知事選挙が行われます。
立候補を予定している原口敏彦さんが平戸に来ました。
いっしょに、街頭から訴えました。

写真は、今、配っているビラです。
小さいですが、お読みください。
税金の使い方をかえ、暮らしや福祉を応援する県政に。

光のフェスタ  ~ 平戸日誌 ~

光のフェスタ 17

光のフェスタ17

毎年、楽しみにしている光のフェスタ。
昨日まで、田平町の県立田平公園で行われていました。

一昨日、連れ合いと行ってきました。
あいにくの雨模様でしたが、家族連れなど沢山の人が来ていました。
また、来年が楽しみです。
プロフィール

山﨑 かずひろ

Author:山﨑 かずひろ
最西端の駅がある長崎県平戸市。
2009年10月に行われた市会議員選挙で私が当選。25年ぶりの日本共産党の議席。13年、2期目の当選。市民の声をまっすぐに議会に届けるためにがんばります。

1957年 五島列島・奈良尾に生まれる
1966年 家族とともに愛知県へ
1972年~豊田西高校・高知大学(中退)で学ぶ
1980年~名古屋勤労市民生協・日本生協連で働く
1989年 日本共産党職員に 「赤旗」出張所員・中央委員会勤務員・国会議員秘書など
2007年 家族とともに平戸市へ 

住所  岩の上町 214-1
電話  0950-23-8021
FAX   電話とおなじ
携帯  080-1002-2248
メール yk1922@wind.ocn.ne.jp
ツイッター https://twitter.com/yamasakihirado

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索